こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

はるがいったら

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,365 円

気が付けば他人のファッションチェックまでしている、完璧主義者の姉。何事も、そつなくこなすが熱くなれない「いい子」な弟。二人の間に横たわるのは、介護され何とか生きる老いぼれ犬。どこかが行き過ぎで、何かが足りない姉弟の物語。第18回小説すばる新人賞受賞作。

いいね!

    「はるがいったら」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      集英社 (2008/12)

      著者: 飛鳥井千砂

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 3.0

        すばる新人賞を取った作品。
        社会人の園(その)と、高校生の行(ゆき)の姉弟と、飼い犬のハルの物語。

        社会人の身だが、性別の問題か、性格の問題か
        園よりも行に共感して読み進めてしまった。
        ハッキリとしたやりたいことがあるわけではない。
        でも何となくこれがいいんじゃないかな、という理想はある。
        何となくだから自信を持って踏み出せない。
        こういった漠然とした不安はきっと多くの高校生が感じている事だと思う。
        だけどその気持ちを誰かにぶつけるのは多分すごく難しいことで、
        だからこそクラスメイトの「なっちゃん」とのやり取りは
        凄く興味深い内容だった。

        価値観の違いを認識し合うシーンがいくつもあって
        ハッとさせられる事が多かった。
        こんな会話現実ではしないとは思ったけど、
        フィクションなのでギリギリありかな。

        ただ何となく、どのエピソードもあと一息欲しかったところ。
        何となく、どこもすっきりしない印象が否めなかった。
        >> 続きを読む

        2011/10/13 by

        はるがいったら」のレビュー

      • >「はるがいったら」

        なっつがくる~♪

        大黒摩季w
        >> 続きを読む

        2013/03/23 by makoto

      • デザインとタイトルがまさにこの季節に読みたくなる本ですね♪
        でも「春」じゃなくて犬の「ハルちゃん」なのですね~ >> 続きを読む

        2013/03/24 by sunflower


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハルガイッタラ
    はるがいったら

    はるがいったら | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本