こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ハナシにならん!

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,890 円
いいね!

    「ハナシにならん!」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      東京が粋(イキ)なら、大阪は粋(スイ)や」師匠の梅寿が竜二に言い、

      「客が笑うのを待て」「落語とゆうのは基本的には、聴き手をリラックスさせる芸や、
      客を緊張させてどないすんねん。笑わしたろと、思うたらあかんで、
      まずは、客をなごませて、力を抜かせる。そのあとは、ちょっとしたことで客は笑いよる。」
      「自然に、笑うのを待つんや、こちらから笑わせにいくもんやない。」と
      猿右衛門が、竜二に教える。・・・・笑いの不思議さが、何気なく解る気がする。

      竜二は、テレビでバラエティに参加する。
      そこで、若手タレントのグループと、正真正銘の本番で大喜利をやるが、惨敗する。
      「テレビのタレントの仕事と、ネタを稽古して高座にかける落語とは、
      まるっきり違う」と、・・でも、落語は一部の人だけを対象としているが、
      TVを通しては、何百万人が相手にしている。

      竜二は、レポートの仕事でケツを出して、番組を壊す。
      このあたり、まさに、鶴瓶さん・・・。
      TVの仕事、TVの世界、これまた、落語の世界とは違うが、
      共通なのは、笑いという共通項で結ばれている。

      「ハナシにならん」なんて、この笑酔亭梅寿シリーズ
      容易い言葉で、落語の世界の裏事情がようわかる「ハナシになってまっせ」。
      >> 続きを読む

      2013/05/24 by

      ハナシにならん!」のレビュー

    • 竜二と言えば、ヤクザ映画の名作を思い出します。うんうん...

      2013/05/24 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ハナシニナラン
    はなしにならん

    ハナシにならん! | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本