こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

血の航跡

カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,020 円
いいね!

    「血の航跡」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      集英社 (1991/10)

      著者: 柘植久慶

      • 評価: 2.0

        プライドを踏みにじられた男の報復と壮大なる逃亡劇。

        柘植氏作品っぽすぎてゲンナリ。

        フランス外人部隊からアメリカのグリーンベレーと強烈な軍人歴を持つ柘植氏。
        当然のように軍人生活や戦闘シーンの描写は他の追従を許さない。
        しかし本作品に至っては、何が何でも自分の得意フィールドに持ち込むように見えてしまい、正直ゲンナリしたのは否めない。

        彼の作品、作風を愛しているということは、その描写が嫌いで有るはずは無いのだが、あまりに度が過ぎると、アンフェアなようにも感じてしまう。

        オーソドックスな推理小説のように始まる本作品は、彼の得意フィールドに持ち込むには無理が有るものだったのだろう。

        ほとんど身元調査も無く、入隊できるという点や、入隊後は警察からの介入も受け付けないというフランス外人部隊の気質と権力に驚くとともに、身元調査があいまいな組織に、国防の一端を担わせるというフランスという国家に対し、理解し難い感情を持った。

        予備知識を持たずに読めば、素直に楽しめるのかもしれない。
        >> 続きを読む

        2012/07/01 by

        血の航跡」のレビュー

      • 私は全く予備知識がないのですんなり読めるかもなぁと思いました(笑)
        プライドを踏みにじられた男の報復と壮大なる逃亡劇と聞くと、面白そうです!
        >> 続きを読む

        2012/07/01 by tomato

      • 良く知りませんが、ルネッサンスとかヨーロッパ文明の旗手としてのフランスと、外人部隊を組織していたり、原発大国で有ったりする現代のフランスとの間に大きなギャップを感じてしまいます。 >> 続きを読む

        2012/07/02 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    チノコウセキ
    ちのこうせき

    血の航跡 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本