こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

Arknoah

3.6 3.6 (レビュー2件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円
いいね!

    「Arknoah」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ハリウッド・センス!

      映画好きで感想は「おもしろかった」としか言わない乙一さんの映画化必至のノベライズ。
      たぶん映画化してほしい気持ちで書いてるの間違いなし(;´Д`)
      ハリウッド製のアニメかCG映画にピッタリのセンスである。
      その造形描写から会話センスまで苦笑したくなるほどw
      続編も気になりますね!

      「おもしろかった」

      (amazon解説)
      父親を亡くした兄弟・アールとグレイは、不思議な世界『アークノア』に迷いこんだ。そして2人は出会う。世界を破壊するべく現れた、恐ろしい怪物と。乙一とtoi8のイラストでおくる、シリーズ第1弾!!
      >> 続きを読む

      2018/08/17 by

      Arknoah」のレビュー

    • 評価: 4.0

      怪物(こころ)を殺す旅に出る。

      父親を亡くし、激しいいじめにあう弟グレイと救った
      兄アール。
      そうすると今度は自身もその標的になってしまう。

      彼らはいじめから逃れるために逃れた先で
      異世界「アークノア」に迷い込んでしまう。

      その異世界で、
      彼らは自分の心から生まれた怪物を
      殺さなければ帰れないことを知る・・・

      乙一版『はてしない物語』+『影との戦い―ゲド戦記Ⅰ』といったところでしょうか。
      あとは、様々な作品の影響が随所に感じられますが

      この著者らしく、残酷なところは残酷に
      繊細な部分は繊細に、巧く作ってあります。

      異世界「アークノア」も非常に変な世界で
      次巻以降はその秘密も明らかになるのかな?

      少年たちが自分の心を投影した“怪物”たちに感じる複雑な思い等
      読み応えがあります。

      登場人物の名前も以前の作品『銃とチョコレート』と同じような感じで
      前回はチョコレート・今回は紅茶の銘柄をモチーフにしているようです。
      >> 続きを読む

      2013/07/08 by

      Arknoah」のレビュー

    • 皆様 コメントありがとうございます!!

      aimi☆さん
      >あぁ。読みたい〜☆
      シリーズ物になりそうなので、結構、期待できそうですよ!!

      iceさん
      >アールグレイって言う紅茶からの命名なのかなぁ...
      だと思います。
      他の登場人物に“リプトン”(笑)という人もいますので

      chaoさん
      >どうしてもハードカバーを欲しくて買ったはいいけど、とてもじゃないけど持ち歩けないサイズでなかなか読めないんですよね(笑)
      わかります~。
      でも、バスチアンとアトレーユの冒険も正直呼んでもらいたい気が(笑)
      (子供に寝る前に読み聞かせていたのですが、途中からあまりにも
      面白くなったせいか、家に帰ると一心不乱に自分で読んでいる子供がいました)

      ちあきさん
      ぜひ、読まれてみてください。
      多分、満足していただけるかと思います。

      kuruminさん
      >自分の気持ちを押し殺すのって、大事ですよね。
      そうですね・・・
      ただ、それも過ぎると“毒”になるといいますか。
      (少々ネタバレになるので不必要な方は読み飛ばしてください)
      この作品の場合、
      彼らの押し殺した=(自分ですら)認められなかった感情が発現した姿が“怪物”ですが
      それも結局、彼らの一部ではあるので
      彼らを殺す=自分の心の一部を葬ることになる為
      そこら辺の葛藤も読みどころの一つです。

      >自分の気持ちをコントロールできる大人になりたいです・・・
      そうですね・・・。
      ある程度は起こる様々な物事に振り回されずに
      主体性を持って取り組みたいとは思いますが

      憎んだり、羨ましがったりする気持ちも自分だと
      思うので、それに執着しすぎるのも、認めないことも
      最終的には苦しいことだと思うので
      そこら辺は無理をしないことが一番な気がします。
      (勝手なことを書いて申し訳ありません)

      カカオさん
      >いつもは絵本中心なのですが、この本は読んでみたいなって思いました♪
      自分も絵本は好きなので、そういっていただけると
      拙いながらもレビューを書いた意味が少しはあったかな、と嬉しくなりました。ありがとうございます。

      makotoさん
      >きっと「玉」と「露」ですねーw
      そこは本当にノーマークでした(笑)
      流石です!!

      >> 続きを読む

      2013/07/09 by きみやす

    • レビューを見て、たしかに!と思いました。

      子供の頃に夢中になって読んだ【はてしない物語】に近いスピード感がありますね。 >> 続きを読む

      2016/04/18 by Ruko


    最近この本を本棚に追加した会員

    10人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アークノア
    あーくのあ

    Arknoah | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本