こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

マラス 暴力に支配される少年たち

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 工藤 律子
定価: 1,944 円
いいね!

    「マラス 暴力に支配される少年たち」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      10歳前後でギャング団に入り生き延びるか、断って殺されるかしかの
      選択肢しかないとはどんな残酷な世界なのだろうと思う。

      長年、ストリート・チルドレンの問題にかかわって来た著者が、中米の
      小国・ホンジュラスのマラスと呼ばれるギャング団とその問題点を追った
      秀逸なルポルタージュだ。

      原液のギャングのリーダーに取材出来ていないのは残念だが、元カリスマ
      的なリーダーで現在は牧師補佐として刑務所や教会で神の教えを説きなが
      ら更生を手助けする男性、ギャング団との関係は保ったままに「他の道も
      あるのだ」と訴え続ける「穏やかになったギャング」たち、職業訓練や
      スポーツの場を提供するNGOの職員などへのインタビューを過不足なく
      まとめている。

      衝撃だったのは敵対するギャング団に狙われ、不法移民としてメキシコへ
      渡った少年の話だ。日本なら小学生から中学生の年齢で命の危機を迎えな
      ければならないって…。幸いにも少年は難民認定をされ、メキシコの施設
      で職業訓練を終え、職を得ることが出来ている。これは救いだった。

      年端も行かない子供たちが何故、ギャングの道を選ぶのか。根っこにあるの
      はやはり極度の貧困なのだと言う。日々の糧を得るのに精一杯の親は、子供
      に気を配ることまで出来ない。

      だから、子供たちは居場所を、誰かとの繋がりを求めてギャングの道を
      選ぶ。そこには少なくとも仲間がいるからだろう。重大な犯罪に手を染め
      れば、「大した奴」として認めてもらえるのだ。

      環境が人を作るとはこういうことなのかと思う。ギャング団に入り、犯罪を
      重ねる少年たちは特別な存在ではない。置かれた環境さえ違えば、彼らも
      穏やかな日常を当たり前に送れたのではないかと思う。

      元ギャングや穏やかになったギャング、NGOの支援を受けて、ひとりでも
      多くの少年たちが「頼れる大人」がいることを知り、犯罪まみれの日常か
      ら脱出できるよう祈りたい。

      ホンジュラス政府の対マラス対策の酷さも相まって、読み進むうちに暗澹
      たる気持ちになるが、小さいながらも光はあるのだもの。

      そうして、貧富の格差の拡大は、他国だけの問題ではないのだから。
      >> 続きを読む

      2018/06/20 by

      マラス 暴力に支配される少年たち」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    マラス 暴力に支配される少年たち | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    匿名原稿 (ハヤカワ・ミステリ文庫)