こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

王妃マルゴ 8 (愛蔵版コミックス)

2.0 2.0 (レビュー1件)
著者: 萩尾 望都
定価: 715 円
いいね!

    「王妃マルゴ 8 (愛蔵版コミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      全巻一気読み。16世紀のフランスの歴史を知ることができる、という点ではとても面白かったのだが、「モー様どうした?!」と叫びたいぐらい絵が雑でびっくり。背景のアシスタントさんの線(おそらく)に比べて線が汚く、かつての繊細さは(表紙以外)見る影もない。目がやたらにでかい顔の造型も気味が悪いし、デッサンもところどころ狂っている。ベテランと言われる漫画家が、(おそらくは現代的な画風に合わせて)絵柄を変化させたときに、かつての「少女漫画」的な線を捨てた代償としてデッザンが狂ったり線が雑になったりするのは見てきたが、モー様までか…と思うと心が痛い。
      最近の「ポーの一族」の続編は見ていないが、評判がいいので、この時期だけの狂いだったことを祈る。
      >> 続きを読む

      2020/04/01 by

      王妃マルゴ 8 (愛蔵版コミックス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    王妃マルゴ 8 (愛蔵版コミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本