こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

るろうに剣心 - 明治剣客浪漫譚 - 巻之三

動く理由
4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 410 円
いいね!

    「るろうに剣心 - 明治剣客浪漫譚 - 巻之三」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      るろうに剣心 第3/28巻

      阿片とともに現れた美女。彼女を付け狙う追手を迎え撃つ剣心。

      やはり、人斬り抜刀斎の迫力が堪らない。

      巻末に収録されている「るろうに - 明治剣客浪漫譚 -」でも見られたが、今回もキレキレの抜刀斎の迫力に大興奮だった。

      黒髪ロングでストレートの色気たっぷりの高荷恵を助けたことから、怪しげな敵に狙われる剣心。
      ストーリー的には、剣心は薫との恋を育む方を望まれる?ような気がするが、実は年齢がかなり上ということでも有り、恵に惹かれる方にリアリティを感じてしまう。

      るろうに剣心もやっと3巻まで来たが、現時点では四乃森蒼紫に惹かれる。

      と言うのも、ガンダムで言えばシャア(本当はZガンダムのクワトロの方が好きだけど...)、グイン・サーガで言えばあの人(少しでも読む人を減らしたくないので伏せます...)と好きになるキャラクターのパターンは似ている。

      女性みたいで若干恥ずかしい気もするが、影を含んだクールな王子キャラというヤツに弱い。
      剣心には、それに該当する点も有るが、ちと平常時の3枚目路線が外れているので、王子っぽい浮きまくりのファッションに身を包んだ四乃森蒼紫にかかる期待は大きい。

      話は逸れるが、最近自宅ではGoogle日本語変換(IME)を使用している。
      予測変換がウリなのだが、「しのも」と入力したところで「四乃森蒼紫」と候補が出る、その性能と、主役でも無いのに変換候補に現れる本作品の普及度の双方に驚いた。

      三白眼とは言ったもので、抜刀斎と化した剣心の瞳が小さくなっていることに気付いた。
      >> 続きを読む

      2012/09/04 by

      るろうに剣心 - 明治剣客浪漫譚 - 巻之三」のレビュー

    • >王子っぽい浮きまくりのファッションに身を包んだ四乃森蒼紫

      思わず笑ってしまいました!!
      これから読み返す度に、蒼紫がどんなに凄い技を繰り出しても、iceさんのお言葉が頭を過ってしまうことでしょう。笑
      >> 続きを読む

      2012/09/05 by tomomo

    • るろうに剣心から、Google日本語変換(IME)に行くところがアメージングですw >> 続きを読む

      2012/09/05 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ルロウニケンシン
    るろうにけんしん

    るろうに剣心 - 明治剣客浪漫譚 - 巻之三 - 動く理由 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本