こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ONE PIECE 巻三

偽れぬもの
4.0 4.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 410 円
いいね!

    「ONE PIECE 巻三」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ONE PIECE 第3/67巻(未完結)

      道化のバギーとの決着をつけ、ナミを加えた新たな布陣で迎える船出。

      早くも繋がり始める伏線に、否が応にも今後への期待が高まる。

      道化のバギーをサクサクと片付ける中で語られる、若かりしシャンクスとのエピソード。

      正直ふざけすぎのバギーには飽きていたのだが、シャンクスの若い頃の話が聞けたのは収穫だった。

      バギーが悪魔の実を食べる前からピエロの鼻だったのは少し笑えたし、シャンクスを逆恨みしている風のダメっぷりもバギーにはお似合いだと腑に落ちた。

      途中、本筋に影響しないとおもわれる箱にハマった男の島のエピソードが挟まれる。
      ここで甦ってきたのは、ガンダムでも有ったザクを隠し持つ男の話である「ククルス・ドアンの島」

      どうして本筋に全く関係ない話を挟むのか?と当時わけがわからなかったが、こうして記憶に残っている以上、その世界観を構築するために必要だったのかもしれないと思い直した。

      今回登場のキャラでは、ウソップが立っていた。
      執事クラハドールとの確執そして陰謀という話よりも、その父親ヤソップとの関係性が良かった。

      わずか3巻にして、1巻で登場した赤髪のシャンクス一味のヤソップという伏線が、その子供ウソップの登場で生かされたことに、作品のエンターテイメント性に対して大きな安心感を得た。

      頭脳明晰で冷徹なキャプテン・クロとの戦いが、どのように展開するのか楽しみである。
      >> 続きを読む

      2012/10/12 by

      ONE PIECE 巻三」のレビュー

    • 本筋に関係ないサイドストーリーなら、サブキャラクターのキャラが立って、作品全体の世界観が強まるようなのがいいなぁ・・・ >> 続きを読む

      2012/10/12 by makoto

    • ONEPIECEの単行本、は続きのストーリーなのに、連載当時の通りに1回1回扉絵がはさまっていますよね。
      これ、結構いいんですよ。
      今後、扉絵の中でもサイドストーリーが展開していきます。
      やっつけられて去ったバギーのその後とか、その後もいろいろ。
      いいアイディアだと感心しました。
      こういうスタイルはいつからなんでしょうか?
      OnePiece以前にはあまり記憶にないのですが。
      >> 続きを読む

      2012/10/12 by 月うさぎ

    • 評価: 3.0

      #onepiece #ワンピース 3巻
      バギーとの戦闘が完結
      珍獣の島でガイモンと出会い、その後ウソップと出会いジャンゴ達との戦闘の直前迄収録されています。

      ウソップは初登場からウソのつきっぱなしだけど、病弱なカヤを楽しませるために嘘をついたりと実は優しいとこがあったりします。

      2012/03/16 by

      ONE PIECE 巻三」のレビュー

    • ワンピース、読んだことないんですがnepiaさんのレビューを読んで、一番気になるキャラはウソップです♪他の巻でもnepiaさんウソップの名言書かれていましたよね。ウソップいい奴♪ >> 続きを読む

      2012/06/27 by tomato


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ワンピース
    わんぴーす

    ONE PIECE 巻三 - 偽れぬもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本