こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ONE PIECE 巻六

誓い
4.5 4.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 410 円
いいね!

    「ONE PIECE 巻六」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ONE PIECE 第6/67巻(未完結)

      偉大なる航路から逃げ帰って来た首領クリークとの死闘。

      「ONE PIECE」の人気の理由は男のロマンなんじゃないかと思った。

      サンジが飯を施した男が、帰還した船は首領クリークの海賊団。

      海上レストランのことを聞きつけた首領クリークは、食料不足解消と船の乗っ取りを目指し強襲する。

      かなりムチャクチャな強さを誇るサンジを、頭からドヤしつけるほどの迫力を持つオヤジ(料理長兼オーナー)の過去がクリークにより「赫足のゼフ」だと明かされる。

      蹴りが自慢の海賊が片足を失ったエピソードにも深い理由が有りそうで今から期待してしまうし、サンジも蹴りが自慢みたいなので、そこの繋がりにも興味が有る。

      襲撃しているはずのクリークだが、偉大なる航路から追ってきた「鷹の目のミホーク」から再び襲われる。
      最強の剣士で有るミホークに勝負を挑むために探し続けて来たゾロにはまたとないチャンス到来で、一騎打ちの持ち込むも全く刃が立たず一蹴。

      実力の差を悟ったゾロが「背中の傷は剣士の恥だ」と潔く死を受け入れようとするシーンに震えた。

      現代日本において生命のやりとりをするような局面はほとんど考えられないが、羽織袴からスーツの着替えた現代の武士達は、ビジネスの世界で胸を張って、このセリフを言うべきだろう。

      経験したことがないからとか、リスクが大き過ぎるからと臆病風に吹かれ、みすみすチャンスを逃している人はカッコ良くない。
      正面はズタボロに斬られても、決して背を向けずに背中だけはキレイでいたいものだ。

      船を奪い浮かれ気分で逃走したと思われたナミだが頬を伝う涙。ここの理由も気になるところ。
      >> 続きを読む

      2012/10/20 by

      ONE PIECE 巻六」のレビュー

    • ボクも背中はキレイです♪
      お腹もキレイですけど・・・

      2012/10/20 by makoto

    • >経験したことがないからとか、リスクが大き過ぎるからと臆病風に吹かれ、みすみすチャンスを逃している人はカッコ良くない。
      正面はズタボロに斬られても、決して背を向けずに背中だけはキレイでいたいものだ。

      iceさん、カッコイイです!
      >> 続きを読む

      2012/10/21 by chao


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ワンピース
    わんぴーす

    ONE PIECE 巻六 - 誓い | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本