こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ONE PIECE 巻九

4.5 4.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 410 円
いいね!

    「ONE PIECE 巻九」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ONE PIECE 第9/67巻(未完結)

      アーロン一味の幹部としての顔を持つナミ。彼女がこの道を選んだ理由が明かされる。

      本当にストーリー展開の上手い著者だと思う。気付けば、さぁルフィ頼むぜ!と力んでいる自分に気付く。

      ナミを追って、アーロンの君臨する島に辿り着いたルフィ一行。
      そこで、ナミがアーロン一味の幹部だったことが判明。

      しかしあからさまに、そこには秘められた理由が有ったわけだが、それは突如訪れたアーロン一味から島を守るためで有った。

      懐古シーンで登場するナミの育ての親であるベルメールさんが、女性ながら気風が良くてステキ。
      幾らアーロンが強いからとは言え、あんなステキな女性を守れないなら男性としての存在価値は無いなと思った。
      騎士道精神では無いけれど、守るべき女性のためにいつでも生命を賭けられるように生きて行きたいものだ。

      その後、アーロンの事実上の裏切りを目の当たりにし、自我崩壊の一歩手前まで追い込まれるナミ。
      そんなギリギリの状況の中、ナミが涙ながらに放った「助けて・・・」の言葉。

      ルフィ、ナミのそしてこの町の悲劇を終わらせてやってくれ!
      とスゴイ勢いで力んでいる自分に気付き、この作品にハマる大人が多い理由に改めて気付かされた。

      本筋からは外れるが、ホルスタイン牛にしか見えない海獣が登場。
      リアル牛飼いの子孫だからか、ホルスタインには思い入れが有るようで、自分でも信じられないくらい和んだ(笑)

      また、こんな時に揉めている大人気無いゾロとサンジ。ただ、いつか彼らの決着も見てみたいものだ。

      物凄くどうでも良い話だが、アーロンと言えばアーロンチェア。いつかオーナーになりたい夢の椅子で有る。
      >> 続きを読む

      2012/11/26 by

      ONE PIECE 巻九」のレビュー

    • makotoさん

      さんま師匠。一度しかお目にかかったことは有りませんが、本当に良い方ですよ。普段でもテレビのまんまです。 >> 続きを読む

      2012/11/26 by シュール

    • >本筋からは外れるが、ホルスタイン牛にしか見えない海獣が登場。
      >リアル牛飼いの子孫だからか、ホルスタインには思い入れが有るようで、自分でも信じられないくらい和んだ(笑)

      そんなiceさんのレビューに和みました♪
      >> 続きを読む

      2012/11/26 by chao


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ワンピース
    わんぴーす

    ONE PIECE 巻九 - 涙 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本