こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

銀魂 第七巻

どうでもいいことに限ってなかなか忘れない
3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 410 円
いいね!

    「銀魂 第七巻」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      交通事故にあって記憶喪失になってしまった銀さん。銀さんは万事屋の解散を言い渡すが――!?

      他に神楽ちゃんのお父さんが江戸にやってきたりしてます。

      今回、真選組の局長である近藤さんも銀さんと一緒に記憶喪失になってるんです。
      2人とも、普段から部下にバカにされたりしてるけど、それでもきちんと慕われてるんだなぁとわかる話でした。

      個人的には、桂と幾松さんの話も結構好きです。


      【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1569/】
      に感想をアップしています。
      >> 続きを読む

      2014/02/26 by

      銀魂 第七巻」のレビュー

    • 宇宙みたいなところに立ってますねー

      2014/02/27 by makoto

    • >iceさん
      確かに初期の内容は……。
      ある程度話が進むとドシリアスでストーリーもある話も出てくるんですけどね。
      コメントありがとうございました。

      >chaoさん
      まあ、フィクションですし(笑)
      そういう意味では銀魂はフィクションの王道を一通りこなしてる気がします。
      コメントありがとうございました。

      >makotoさん
      この作品って似非江戸が舞台なんですが、宇宙とも交流があるのでその辺から来てるんだろうなーと思います。
      よくわかりませんが。
      コメントありがとうございました。
      >> 続きを読む

      2014/02/27 by hrg_knm


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ギンタマ
    ぎんたま

    銀魂 第七巻 - どうでもいいことに限ってなかなか忘れない | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    honey (幻冬舎ルチル文庫)

    最近チェックした本