こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

放課後さいころ倶楽部 (12) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 中道 裕大
定価: 693 円
いいね!

    「放課後さいころ倶楽部 (12) (ゲッサン少年サンデーコミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

       12巻なので基本構造は割愛。
       前半はエリーにスポットを当てたアナログゲーム大国ドイツ編。
       更新は、新キャラのカンナちゃん・・・に恋するアナゲー好きな男子生徒にスポットを当てる。
       「カヤック」「ブラフ」「(※オリジナルゲーム)」「ナイアガラ」「バロニィ」
       アナログゲームは面白いけれど、ゲームを作るために無理矢理作った感丸出しのゲームも多く、実際ホビーショップに行ってもパッケージだけで辺りゲームを判断することは難しい。
       ここで、紹介されることによって、ゲーム性の面白さ・・・そして、面白く遊ぶための心得みたいなものを学べて、嬉しい。
       マンガとして面白く、ゲームの紹介としても面白い。

       新ヒロインのカンナちゃんは・・・おさげ+メガネの方がかわいかった気がするのは好みの問題か。

       ゲームショップ行きたいなぁ。
       わたしがよく行くのは、水道橋のメビウスゲームズ。
       イエローサブマリンも行くかな。
       「すごろくや」も行ってみたいなぁ。
      >> 続きを読む

      2020/03/12 by

      放課後さいころ倶楽部 (12) (ゲッサン少年サンデーコミックス)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    放課後さいころ倶楽部 (12) (ゲッサン少年サンデーコミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本