こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 藤子・F・ 不二雄
いいね! el-j

    「ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      かわぁいい~~~~~~~~~

      ドラえもん幻の0巻。

      何年か前に話題になった0巻。

      気にはなったけど、また今度機会があった時に・・・

      って脳裏の片隅に追いやっていた。。。

      いつか。

      いつか・・・

      でいつしか忘れていた・・・

      で、

      最近ふっと思いだした。

      ビニールに入っているので、当然立ち読みは出来ない。

      0巻。意外に高い。

      でも購入。

      すご~い癒される。

      絵のタッチが今と違っていびつで、不安定な線。タッチ。

      だから好き。かわいい。愛おしい。

      って思う。

      連載された雑誌によって、ドラえもんの初登場が微妙に違うストーリーが色々読める。

      とにかく癒された。

      多分自分に今必要な道具(0巻)だったんだろう。











      >> 続きを読む

      2020/09/02 by

      ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)」のレビュー

    • こんばんは🤚

      ドラえもんの0巻は一時期話題になりましたよね〜❗
      ホントにおっしゃる通り、1話が少しづつ違うというのにはびっくりしました😆
      自分も、ドラえもんは子供の頃から観ていましたし、自分の子供の頃は、大山のぶ代さんでしたから、今の水田わさびさんになられてからは、慣れるまで時間が掛かりましたね。今は水田わさびさんで全然違和感無くなりましたけどね(^^)

      自分は、映画が好きで子供の頃観て号泣していましたね。
      エンドロールをバックに流れる、海援隊の曲聴くと未だに泣いちゃいますね😭
      クレヨンしんちゃんもそうですけど、映画になると途端に涙腺が緩くなっちゃうんですよね😅

      これからも、引き続きドラえもんにはお世話になっていくと思うので、まだまだSF(すこしふしぎな)世界を楽しんでいきたいなあと強く、強く!思います٩(ˊᗜˋ*)و
      >> 続きを読む

      2020/09/02 by 澄美空

    • こんにちは!
      こちらこそ返信遅れました。

      一日入院していました。結果は過呼吸でした。MRIなどあまり得意でないけど、一通り検査して今安心しています。

      って事情もあっただけに、こうして澄美空さんの、たのしく読書する姿勢だったり、ドラえもんの作品を通じた楽しさだったりがホント日常に不可欠だと改めて思いました。急な一日入院だったけど、夜は体調も安定してて、することもなく、今読んでいる文庫本をリュックに入れておけば~なんて思ったりしました。

      でも、いつもの自分でいれたのは、日々の読書を通じての自分の学ぶ意識だったり、こうして他者のレビュを読んで刺激を受けたり、こうしてコメントなどでコミュニケーションを経験積んだりで、自分も日々向上している事もよく分かったので、とても意味ある入院経験となりました。^^

      と、

      自分の話を先に書いてしまいましたが、大山のぶ代。まさに私もその世代で、当時なかなか新しい声になじみにくい経験ありましたね~

      これからも、そんなこんなで、いろいろ人生ありますが、日々のこうした楽しい事とは?などなど、読書を通じて俯瞰的に感じたり、こうして入院した時に、いままでのそんな経験もとても役立ったので、これからも楽しく、良い読書をしていこうと思っています。

      心配かけるコメントにもなりましたが、日々前向きに視線をいつも向けているジュディスでした!!!!
      >> 続きを読む

      2020/09/03 by ジュディス


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本