こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)

5.0 5.0 (レビュー2件)
著者: 浅野 いにお
定価: 750 円
いいね!

    「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      ソラニンやプンプンはすごく苦手なんだけど、
      デッドデッドデーモンズデデデデデストラクションは面白い。
      門出と教師の恋愛事情もキュートだし、おんたんかわいいし、おんたん兄は存在だけでも愛しい。

      日常系と不穏のバランスがいまのところ黄金比なので、
      今後が楽しみで不安で…

      2016/06/25 by

      デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)」のレビュー

    • 評価: 5.0

       デッドデッドデーモンズデデデデデデストラクション!
       デッドデッドデーモンズデデデデデデストラクション!!
       私至上最高の口に出して叫びたいタイトル。略して『デデデデ』と言うらしいので、叫びたいのを我慢して以後は略称を使うようにしましょう。

       この漫画の設定は、多分ものすごく高度な社会批判をしています。そして、登場人物たちは、ときどきどうしようもなく真理を突いた言葉を言います。でも、この漫画の持つ面白さは、そんなことはどうでも良くさせるのです。

       冒頭は、あの国民的青タヌキのパロディー、「いそべやん」から始まります。しかも、なんとカラーページ。この漫画大丈夫か? という心配もつかのま。「いそべやん」の転がった主人公・門出の部屋の描写。上手い導入です。 

       描かれるのは、女子高生の日常ですが、東京の上空に巨大な異星人の宇宙船が鎮座している場合の日常です。

       宇宙船に即時的な危険がないとわかると、途端に関心を払わなくなる人々。全く先に進まない議論をする政治家たち。たまに宇宙船から送り出される小型船を撃墜するのを、ちょっとしたイベントのように楽しみ、街に繰り出して「ニッポン」コールをする人々。あれ? どっかでみたことあるぞ、この光景……となるわけですが、ちょっとおかしな女子高生「おんたん」の存在がそんなことどうでもよくさせます。

       夏休みの宿題が終わっていないという門出に対し、写しても良いというおんたん。門出が喜んだところで、おんたんはすかさず、
      「…ただし、あんたのその怠慢が尾を引いて、受験に失敗し、学歴コンプレックス持ちのこじらせブスになっても僕は同情しないよ。」(p43)

       紅葉狩りのニュースをみて、行ってみる? と提案した門出に対し、おんたんは、
      「…笑止!! もみじを狩るより戦場で人を狩るほうがゲーム脳にとって至上の喜びなのだ!!」(p178)

       おんたん切れ味抜群です。ニートであるおんたんの兄もなかなかの魅力の持ち主なので、注目です。

       さらに、絵の書き込みが半端ではありません。1コマ1コマを眺めているだけでも楽しめます。

       ネットスラングでは何かを皮肉るとき、例えば、意識高い系(笑)と書きます。人の考え方というのは本当に多種多様なので、そうやって皮肉る人を皮肉る人もいるだろうと思います。つまり、「意識高い系(笑)」(笑)という人が。さらに、きっとそれを皮肉る人もいるでしょう。『「意識高い系(笑)」(笑)』(笑)……と言う具合に。
       『デデデデ』は、そうやって皮肉り合う人たちを笑っているように思います。

       現在2巻までですが、今後が楽しみです。
      >> 続きを読む

      2015/07/04 by

      デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)」のレビュー

    • いえいえ。

      そうなんですね♪
      自分も機会があれば読んでみたいと思いますっ!! >> 続きを読む

      2015/07/05 by 澄美空

    • >空耳よさん
      コメントありがとうございます。
      背景は部屋の細々したものまでしっかり書き込まれていますが、登場人物たちは絶妙にデフォルメされているので、とてもメリハリがあります。
      重さと軽さの使い分け、見せ方が上手いです。

      鈍感さは多かれ少なかれ誰にでもあるでしょうが、自覚しているかどうかが大切になってくるのではと思います。
      >> 続きを読む

      2015/07/06 by あさ・くら


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本