こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

MASTER KEATON Reマスター (ビッグコミックス)

4.3 4.3 (レビュー3件)
著者: 長崎 尚志浦沢 直樹
定価: 648 円
いいね!

    「MASTER KEATON Reマスター (ビッグコミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      マスターキートンのその後を描いた作品。
      ホント私、マスターキートンのファンでこのシリーズはよく読んでました。
      そのキートンのその後が読めるなんて最高です。
      ちょっと老けたキートンもなかなか味があっていいですね。
      後、娘の百合子が素敵な女性に成長したのとても良かったです。
      はっきり言ってこれだけでも読む価値がありました。
      (彼女は、いろいろ問題を抱えていますが・・・)
      どのエピソードも面白く読ませてもらいました。
      素晴らしいエピローグをありがとう。
      >> 続きを読む

      2018/09/30 by

      MASTER KEATON Reマスター (ビッグコミックス)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      あまり漫画を読んでいるという印象はありませんでした。
      どちらかというと、蘊蓄本を読んでいるかのような楽しさを感じました。

      その場にあるものを最大限かそれ以上に活用してピンチを回避する姿は、格好良い主人公だなと思いました。
      対して、主人公の私生活は酷いもので親子ともども未練たらたらで、親子だな~と。自分はこの部分に一番リアリティを感じています。人間味というものがあり、なおさら主人公を好きになりました。

      原作は古いようで、登場人物の服装など古さを感じさせますが、それがまた良い。でも、確かに続編はなさそうかなーと。 >> 続きを読む

      2015/05/13 by

      MASTER KEATON Reマスター (ビッグコミックス)」のレビュー

    • おもしろいですよね

      2015/05/13 by ENRIKE

      • 匿名

      話題になってますよね。気になります。

      2015/05/13 by 匿名

    • 評価: 4.0

      あらすじ
      前作から20年たった続編。
      キートンは探偵業はやめようと閉鎖の処理をダニエルに頼んでいたが、
      残務処理と言われて新たな依頼を引き受ける事に・・・。

      私はテレビアニメでMASTERキートンを知って、浦沢作品ファンになったので
      この完全新作は懐かしいし、うれしい。
      元・英国特殊空挺部隊(SAS)で現在は探偵兼考古学者でもあるキートン。
      キートンは50歳後半?60歳前半?くらいになっているわけだからちょっぴり老けているし
      おじいちゃんが老人ホームに入っていたり、娘の百合子も結婚していたりと
      時の流れは感じるものの、実はみんなやっていることも姿形もあまり変わっていない。
      キートンはあいかわらずヨーロッパ、特に東欧を中心に人探しや謎解きに駆り出される。
      一話完結なので読み易いし、初めての人でも楽しめるけれど
      やっぱりMASTERキートン全18巻は読むか、アニメをレンタルして見てほしいかな。
      その方がきっと楽しめる。

      特に続きがあるような告知はないから、ファンのための復活で続編はないのかな?
      それがまたいいのかも・・・。
      >> 続きを読む

      2014/12/29 by

      MASTER KEATON Reマスター (ビッグコミックス)」のレビュー

    • 空耳よさん

      20年も経ってしまっていたことに驚きです。早いなー。

      >> 続きを読む

      2014/12/30 by achiko

    • iceさん

      ぜひ読んでみてください〜。

      2014/12/30 by achiko


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    MASTER KEATON Reマスター (ビッグコミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本