こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

闇金ウシジマくん - 2

3.5 3.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 530 円
いいね!

    「闇金ウシジマくん - 2」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      闇金ウシジマくん 第2/第25巻(未完結)

      弱い者からの搾取することで、より強い者への上納金となるようなシステム。

      暴走族とヤクザ。闇金とヤクザ。反社会勢力の行きつくところはヤクザなのだと実感。

      暴走族でアウトローを気取っていても、バックにいるヤクザに対し、事実上の上納金を集める末端構成員でしかない現実。

      表社会で有れば、どうしても属していることがイヤになった場合には、後ろ向きな理由では好転は望めないものの、転職という自由が残されている。
      彼らは暴力と金で縛りつけられている点で、より不自由な環境と言えよう。

      チンピラ友達でツルんでいたところ、目の前にキーが付けっぱなしのビッグスクーターを見つけ、何の考えもなく奪って享楽にふける。

      ついていないことに、それが暴走族のリーダーのものだったために、きっちりとカタに嵌められ、リーダーは人身売買的にウシジマに200万円の貸付を求めるが、たった1,000円で追い返すウシジマの胆力には恐れ入る。

      社員として働き始めることになった彼だが、芽が出始めたタイミングで、窮地から救ってくれたウシジマを裏切りにかかる。

      確かに、借金体質の母親に育てられ、今でもタカリに来られるようでは環境が悪いと同情の余地は有るものの、多分に本人の甘い考えから窮地を招いていると言わざるを得ない。

      結果、ウシジマの方が一枚も二枚も上手で、またも暴走族のリーダーに、殺される一歩手前まで追い込まれるのも当然の成り行きと言えよう。

      暴走族の裏にはヤクザ。闇金の裏にもヤクザ。

      おそらくヤクザの裏にも、もっと強力な組織が控えていると思われ、マジメに生活することで享受できる自由の大切さを思い知らされる。
      >> 続きを読む

      2012/11/02 by

      闇金ウシジマくん - 2」のレビュー

    • 1歩踏み外したために…という感じですね。
      怖いです…

      2012/11/02 by chao

    • 芸能界の裏にもヤクザって言いますもんね。
      怖い世界です。。

      2012/11/02 by higamasa


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヤミキンウシジマクン
    やみきんうしじまくん

    闇金ウシジマくん - 2 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    学生との対話

    最近チェックした本