こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

いま、会いにゆきます

4.2 4.2 (レビュー3件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

大好きだった妻の澪が亡くなって1年、身体にさまざまな不具合を抱えた巧は、町の小さな司法書士事務所に勤めながら、6歳になる一人息子の佑司とひっそりと暮らしていた。再び巡ってきた雨の季節の週末、いつもどおりの散歩に出かけた町はずれの森で、この父と子二人に奇跡が訪れる。哀しい未来を知りながら、それでも愛しい存在に向かって発せられる言葉。その深く強く優しい決意に、きっと心打たれるはずです。市川拓司ワールドの原点をなす最上の恋愛小説。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「いま、会いにゆきます」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

       古本屋の100円コーナーで発見。
      映画もドラマも見たことがありませんでしたが、
      そこまで取り上げられたのだからきっといいお話なのだろうと購入。

       読んでみて・・・納得しました。
      いいお話です。
      というか素晴らしいお話です。
      物語全体に流れているやさしい空気とせつない空気が
      読者を魅了します。
      文章も読みやすいです。
      表現もとても上手。

       内容は、もうみなさんご存知でしょうが、
      ご主人と5歳の男の子を残して亡くなってしまったママが
      1年後の梅雨の季節に その期間限定で帰ってきた というものです。
      ただ、帰ってきたママは家族に関する記憶をすべて無くしているのです。
      そのため、二人の出逢いからこれまでのことをご主人が話して聞かせてあげる 
      というのがストーリーのメインとなっています。
      最後にはちょっと想像しなかった仕掛けも用意されています。

       正直、かなり面白かったのですが、
      最後の仕掛けは私的にはちょっと微妙かなと思いました。
      設定としては素晴らしいです。
      その思いつきに感嘆します。
      しかし、純粋に物語の美しさを思うとき、
      少しそれを損なったように感じるのは私だけでしょうか。
      でも、彼女が人生を「選んだ」というエッセンスを加えるためには必要なのかなぁ・・・。

       いずれにしても一読の価値はあると思います。
      やさしい気持ちになりたい人は読んでみるといいですよ。
      >> 続きを読む

      2015/02/02 by

      いま、会いにゆきます」のレビュー

    • 評価: 4.0

      この著者の本は、あまり手に取ることが無いのですが、映画にもドラマにもなったという事で、読んでみました。

      「出会い」「別れ」「再開」「別れ」と流れていくのですが、2度目の別れほど寂しく感じる事はないなと感じました。

      全体を通して温かみがあり、子を思う愛情、夫を思う愛情を読みながらヒシヒシと感じる事が出来ました。

      大事な人を失う前に、出来る限りの孝行をしなければと改めて感じさせてくれた一冊です。 >> 続きを読む

      2012/09/07 by

      いま、会いにゆきます」のレビュー

    • これは泣けましたね。。
      本も良いですが、映画も感動しました。

      2012/09/07 by leopard

    • 映画良いみたいですね。
      この競演がきっかけで、主演の二人は結婚したみたいですし。

      2012/09/07 by higamasa

    • 評価: 5.0

      死んだ妻が、雨の降る季節に期間限定で夫と子供の元に現れる物語です。そう表現すると安っぽい感じがしますが、涙なしでは読めない本です。そして、全体的に温かみがあって、心地良くもあります。この著者の本は2冊目ですが、また他の本を読んでみたくなりました。

      2012/02/14 by

      いま、会いにゆきます」のレビュー

    • 竹内結子と中村獅童が夫婦役(おぉ~!)で主演し映画化。
      ミムラと成宮寛貴でドラマ化
      きっと面白いんでしょうね。文庫版を読んでみようと思います。
      >> 続きを読む

      2012/07/04 by ice

    • つい先日、DVDを観て感動して胸がいっぱいになりました!
      感動で泣けて、さらにストーリー自体もとても面白かったです。
      本も読んでみたくなりました^^
      >> 続きを読む

      2012/07/16 by chao

    関連したレビュー

      小学館 (2007/10)

      著者: 市川拓司

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 4.0

        久しぶりの恋愛小説。

        はっきり言って感動します。

        静かで優しくて温かな家族。
        映画では泣けませんでしたが、本ではよく泣きました。


        雨の降る季節にまた読んでみようと思います。
        >> 続きを読む

        2013/12/04 by

        いま、会いにゆきます」のレビュー

      • もういい加減飽きられている感はひしひしと感じますが、今年までは良しとしましょう。

        いま、会いにゆきます

        今でしょ!

        なんか違う...(笑)
        >> 続きを読む

        2013/12/05 by ice

      • chaoさん
        映画ではあまり理解できなかったんですけど、またもう一度観てみようと思います。

        aimiさん
        ぜひぜひ、温かい家族の話しなので女子にオススメです!

        canaさん
        感動ものはいくつになってもいいですよね〜
        心が丸くなる感じがします。

        bunchさん
        泣きますよね〜あたしはラストにかけては何度も読んでしまいました。

        ちあきさん
        原作いいですね〜でも、もう1度映画も観て観ます♪


        makotoさん
        惜しくも結婚されて、離婚されましたね。。


        iceさん
        爆笑です。
        >> 続きを読む

        2013/12/05 by ゆきんこ


    最近この本を本棚に追加した会員

    10人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イマアイニユキマス
    いまあいにゆきます

    いま、会いにゆきます | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本