こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

きいろいゾウ

3.5 3.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、周囲の生き物(犬、蜘蛛、鳥、花、木など)の声が聞こえてしまう過剰なエネルギーに溢れた明るいツマをやさしく見守っていた。夏から始まった二人の話は、ゆっくりと進んでいくが、ある冬の日、ムコはツマを残して東京へと向かう。それは、背中の大きな鳥に纏わるある出来事に導かれてのものだった―。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「きいろいゾウ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      登場人物の名前が面白い。
      主人公のツマさんは、色んな声が聞こえます。

      ぽわ〜んとした話かと思ったら、濃い!
      刺青の経緯
      地蔵さんの所で頭痛がする理由
      不登校の理由

      ※大人気で、図書館で大分待って借りました。
      >> 続きを読む

      2015/04/16 by

      きいろいゾウ」のレビュー

    • 評価: 3.0

      夫婦愛のお話。
      まっすぐで不器用なツマとツマを温かく見守るムコ。
      ツマとムコの日常に愛が溢れていていいなと思う。

      前半の空気が割と好きだった。
      ゆったりとした穏やかな感じで物語は進む。ふわふわ。
      2人の関係がギクシャクする後半は読んでいて辛かった。

      そういえば映画化されたね。
      「ムコ」が向井理というのは意外だなぁ。
      >> 続きを読む

      2013/01/29 by

      きいろいゾウ」のレビュー

    • もしかするとchibadebuを動物に例えると象かもしれないと思ったんだな。

      2013/01/29 by chibadebu

    • > まっすぐで不器用なツマとツマを温かく見守るムコ。

      ツマとオットじゃないんですねぇ... >> 続きを読む

      2013/01/29 by ice

    関連したレビュー

      絵本

      小学館 (2006/06)

      著者: 西加奈子

      • 評価: 4.0

        絵本<映画<本
        の順で深い内容になっています。

        深いからこそ、絵本で簡潔に絵でイメージ出来るので、
        最初に読んで良かったです。

        大人向けの絵本です。 >> 続きを読む

        2015/04/16 by

        きいろいゾウ」のレビュー

      小学館 (2008/03)

      著者: 西加奈子

      他のレビューもみる (全7件)

      • 評価: 3.0

        田舎暮らしを始めた若い夫婦、妻である「ツマ」と夫である「ムコ」のお話。少女のように素直で少し不思議なところがあるツマ。優しいけど売れていない作家のムコさん。お互いの視点で交互に日々を綴る。

        のんびりとして、それでいて驚きがある毎日。田舎に住む周りの人たちが愛らしい。スローな生活が明るくコミカルに描かれている。

        後半になると夫のかつて愛していた女性の陰が出てくることによりぐっとシリアスな展開に。あかるくほのぼのとしていた前半から一転してすこし暗鬱とした雰囲気。ツマの精神も少し病んできてしまう。
        夫婦生活は難しく面白い。

        物語はツマの必要なもので始まり、ムコの必要なもので終わる。

        村上春樹氏の作品のような非現実の感覚になります。ツマがちょっと不思議ちゃんだなぁと感じてしまって入り込めなかった。女性の方が本作にハマるかも。
        >> 続きを読む

        2012/07/03 by

        きいろいゾウ」のレビュー

      • 田舎暮らしに憧れは有るのですが、日曜の夕方?辺りにやっている田舎暮らしの番組を見て自分にはムリだと思いました。

        通勤ラッシュでひぃひぃ言ってたり、仕事に追われてこれまたひぃひぃ言ってたり...。

        でも、たぶん忙しく刺激に包まれていた方が成長できる気がして好きみたいです。

        いつになるかは分かりませんが、もう少し「のんびり」を楽しめる年齢になったら再考しようと思ってます。
        >> 続きを読む

        2012/07/04 by ice

      • 「ツマ」なのに「オット」じゃないところに哀愁が有る気が・・・

        2012/10/04 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キイロイゾウ
    きいろいぞう

    きいろいゾウ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本