こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,470 円

「崩壊家族」を立ち直らせたのはヤクザだった!小説は事実よりも奇なり。ヴァイオレンスがスピリチュアルを駆逐する。第九回小学館文庫小説賞優秀賞受賞の、異色なアンビバレント家族小説。

いいね!

    「ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      崩壊した家族
      主人公:ひきこもり
      母:アル中
      妹:ヤンキー
      父:存在感なし(失踪)
      が1人の借金取りによって少しずつ本来あるべき姿を取り戻していくストーリー。
      難しい表現などはほとんど使ってないので読みやすい反面、あまり引き込まれるものがなかった。。。
      あれば映像(ドラマとか映画)の方がおもしろそうだと感じた作品でした。
      >> 続きを読む

      2012/05/07 by

      ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?」のレビュー

    関連したレビュー

      小学館 (2010/11)

      著者: 藤井建司

      他のレビューもみる (全5件)

      • 評価: 3.0

        既に崩壊しているが、家という箱の中で同居しているだけの家族に訪れた粗暴なヤクザ。

        狙いは分かるが、粗暴な刺激を投下したいのでヤクザを登場させるという発想が安直過ぎる気がする。

        表面的な関係で成立している集団に対しては、エモーショナルなアプローチが効く場合が有る。
        ビジネスライクな関係だった人と、飲んでみたら俄然仲良くなったというのが好例だろう。

        最近聞くことが減ったが、少し前までは「飲みニケーション」などと呼ばれ、チームビルディングの具体的な実績の有る手法と言える。

        兄は引き籠り。妹は不良化。母はアル中。父は感情を押し殺して周りに干渉しない。
        冷え切った関係が続いていた家族に対して、ある日突然ヤクザが居座り始める。

        リアルではヤクザの知人は全くいないものの、本や映画の世界では、かなりのファンなので、正直「こんなもんヤクザじゃない!」と思ってしまっている自覚は有るものの、第三者的に見ても、やはり安直だと思う。

        粗暴なヤクザの強制的な干渉によって、コミュニケーションを取り戻した家族という絵にしたいのはわかるのだが、岩田というヤクザ自身の背景が描かれていないため、どうにもご都合主義な登場人物な気がして仕方が無い。

        ただ、家族それぞれの事情とか心情については、現代病理を上手く写し取っていて、共感はしないものの、一定のリアリティを感じることはできた。

        アッと驚くオチが用意されているので、推理小説的な要素でも楽しめるかもしれない。

        ヤクザ岩田シリーズには続編が有るらしい。でもヤクザとして魅力的では無いので読むことは無いだろう。
        >> 続きを読む

        2012/08/21 by

        ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか?」のレビュー

      • 「ある意味、・・・」としてシリーズ化されているんですね。
        なんかオモシロw

        2012/08/21 by makoto

      • >でもヤクザとして魅力的では無いので読むことは無いだろう。

        iceさん、ヤクザものを沢山読まれているので、なんちゃってヤクザ(?)ではもはや物足りないのかもしれないですよね。私なんかは「なるほどー☆」とか思ってしまう感じがします。 >> 続きを読む

        2012/08/21 by sunflower


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アルイミホームレスミタイナモノデスガナニカ
    あるいみほーむれすみたいなものですがなにか

    ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか? | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本