こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

下町ロケット

4.4 4.4 (レビュー18件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,785 円
この書籍に関連するページ
第145回 直木三十五賞

取引先大企業「来月末までで取引終了にしてくれ」メインバンク「そもそも会社の存続が無理」ライバル大手企業「特許侵害で訴えたら、...どれだけ耐えられる?」帝国重工「子会社にしてしまえば技術も特許も自由に使える」―佃製作所、まさに崖っプチ。

いいね! tadahiko junction

    「下町ロケット」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      小さな町工場が逆境の中で勝利を掴みとっていくストーリー。
      何度も来るピンチの中、ハラハラしながら最後まで一気に読み終えました。主人公にすっかり感情移入してしまいました。面白いです。

      2019/02/21 by

      下町ロケット」のレビュー

    • 評価: 5.0

      『不祥事』を読んで、バッサバッサと勧善懲悪な展開にスカッとして。面白いんだろうなと思いつつ、分厚いし読むのにエネルギー要りそうで避けてました。でも面白かった!夢中になって、重いのに出先まで持ち歩いて、あっという間に読み終わりました。モノ・カネ・ヒト全部に問題ありまくり。特許商売で、特許で訴えといて、評判落ちて金が尽きた頃に買収してモノを奪う戦略とか。貸し渋っていた銀行が手のひら返すようにへりくだってきたりとか。中小企業とはいえ、社長にそこまで物申したら、普通即クビじゃないの?って思うけど、モノづくりの人間の拘りはあれども霞食って生きているんじゃねーんだよって本音とか。世の中全て勧善懲悪にはいかないけれども、小説の中で位はこうあってくれると嬉しいですね。現実は多かれ少なかれしんどくても、こういう本で(気が晴れる)(夢中になれる)そういうのも読書の醍醐味かなと思います。ってゆーか、ロケット発射させようとか、女性もいなくはないのかもしれないけど、やっぱり男性が圧倒的に多いんでしょうね。別に私が女性代表じゃないけど、ロケットとか全く興味なく生きてきましたよ。恩恵は受けているのかもしれませんが、エンジン開発とか、どっちが良い悪いじゃなくて、単純に、男ってすげーな。そのこだわりすげーって、ちょっと世の中の男性への見る目も変わりました。 >> 続きを読む

      2018/03/21 by

      下町ロケット」のレビュー

    • 評価: 5.0

      息子の本を借りて
      良い本でした。

      2016/07/05 by

      下町ロケット」のレビュー

    • 評価: 5.0

      めちゃくちゃ良かった……!
      敵はあくまで敵として描かれるので、主人公の佃に感情移入しやすいという側面もありつつ、佃だけではなく「佃製作所」の従業員たちそれぞれに感情移入できるため(たとえそれが佃の意向に反するものであっても)、自分も佃製作所の従業員になったような気分になる程入り込めました。
      社会の理不尽さ、横柄な得意先、そんなものを散々見せられるにもかかわらず、読了後「おっさんたち、かっけーな!」と羨ましくなってしまう。

      2015/09/02 by

      下町ロケット」のレビュー

    • 池井戸作品はけっこう読んだのですが、
      これは読んでいませんでした。
      っていうか、読みたい本として本棚登録して忘れていました!!!
      ★5つなんですね。
      今度読んでみます♪
      >> 続きを読む

      2015/09/03 by アスラン

    • chaoさん
      スッと読めると思うので、是非!
      このお話は銀行を舞台にしていないので半沢シリーズとは一味違って楽しめるかもしれません(^ω^)

      アスランさん
      非常にたのしめました。星5つです!
      下町ロケット忘れずに読んでください\(^o^)/

      >> 続きを読む

      2015/09/04 by Lisa

    • 評価: 5.0

      凄く面白かった‼
      特許権をめぐる訴訟から始まる物語であり、作品の肝として特許権がある。
      自分の企業の技術力に誇りを持ちながら大企業と戦う中小企業の物陰である‼
      夢や自分達の誇りのために必死に戦う姿「カッコいい」の 一言につきる‼
      働い事はまだ無い私に自分達の仕事に誇りをもって働く事のよさを教えてくれたと思う

      2015/07/20 by

      下町ロケット」のレビュー

    もっとみる

    関連したレビュー

      小学館 (2013/11)

      著者: 池井戸潤

      他のレビューもみる (全22件)

      • 評価: 5.0

        再読。

        最近仕事が忙しくて疲れ気味だからなのか、もうすぐ30歳ということで年をとったからなのか、大まかな内容や展開を知っているはずなのに、ラストはまたちょっと泣きそうになってしまった。
        殿村さんがお気に入り。

        小説自体、知財の裁判パートとロケット部品納入パートの大きく2つに分けることができると思うんだけど、個人的に池井戸先生には裁判だけの長編小説を書いてほしい。それくらい裁判編が特に面白かった。

        2016/12/14 by

        下町ロケット」のレビュー

      • 澄美空さん
        「不祥事」、2年程前に読みました。短篇集でサクサク読めたような記憶が…あいまいな記憶でゴメンなさい(>_<) ドラマはあんまりやったんですね。また面白かった本があれば教えてください〜。 >> 続きを読む

        2016/12/17 by ねごと

      • そうなんですねー!
        そうですね~。短編集ですね。自分もサクサクっと読めて面白かったですね(^^♪
        いえいえ!いっぱい読んでると忘れちゃいますよ!自分も先月読んだ作品とか忘れちゃっていますから(笑)

        了解でーす!!
        自分にもぜひ面白い作品があったら教えてクダサーイ♪
        >> 続きを読む

        2016/12/17 by 澄美空


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シタマチロケット
    したまちろけっと

    下町ロケット | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本