こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

孫正義が吹く

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 情報科学
定価: 560 円

日本経済界から異端児扱いされ、冷遇されながらも、自らの思想を貫き通して瞬く間に十兆円企業「ソフトバンク」の頂点を極めた孫正義。時代の流れを確実に読みとり、つねに情報革命の先端をひた走る男は、どんな思想のもとに行動するのか。彼があくまでもインターネットにこだわり続ける理由とは?孫と個人的な交流のあるノンフィクション作家石川好が、「孫正義」という、時代の寵児の核心に迫る。21世紀の情報化社会で成功するためのカギがここにある。ビジネスマン必読の書。

いいね!

    「孫正義が吹く」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      孫氏の生い立ちから事業戦略までを追う。

      孫氏の強烈なバイタリティと練られたアイデアにモチベーションを掻き立てられる。

      手広く展開しているようで有りながら、インフラへの集中堅持という戦略は、これまでは気づかなかったことを恥じる程、明確に打ち出されている。

      ITバブルなど虚構のイメージがどこかチラつくIT業界に有って、絶対的な存在となっているソフトバンク社の強さのベースはここに有るのだと思う。

      また、孫氏の人物像も丁寧に描かれているが、注目すべきはその国際性。
      在日三世で有る上、高校から渡米するなど、国際的感覚に優れているだけでなく、更に一歩進んで、戸籍はインターネットと、よりボーダレスな視野に至っている。

      渡米後の受験時の交渉など、印象的なエピソードも多く盛り込まれているが、サクセスストーリーに付き物の度が過ぎる賛美にはなっていないことに好感が持てる。

      ジャパニーズドリームを成し遂げた張本人から、何かをもらった気がする。
      >> 続きを読む

      2011/03/17 by

      孫正義が吹く」のレビュー

    • こういう本ってヨイショ本か落とし本であることがおおいですが、
      なかなかきちんとした内容の本になっているようですね。
      有名すぎる彼は敵も多いので流れるウワサ話では虚実がつかみにくいですね。
      レビューくださってありがとうございました。
      >> 続きを読む

      2012/02/24 by 月うさぎ

    • Tsukiusagiさん。コメント有難うございます。

      乱読のせいか、振り返るとあまり記憶に残っていない本が多い中、この本はかなり強く印象に残っています。

      尊敬する経営者の1人です。
      >> 続きを読む

      2012/02/24 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ソンマサヨシガフク
    そんまさよしがふく

    孫正義が吹く | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本