こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

秘密結社の暗躍

世界史ミステリー
2.0 2.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 社会学
定価: 500 円

誰もがその存在は知りながら、実態は謎につつまれている秘密結社。彼らは厳しい規律や異端的な儀式を通じて血の結束を固め、人類の歴史の舞台裏で常に暗躍してきた。そして、恐ろしいことに、秘密結社はいまなお政界情勢を陰で操っているという。本書では、あまりに有名なフリーメーソンやブードゥー教をはじめ、集団自決事件で世界を震撼させた人民寺院、第一次世界大戦の引き金となったオーストリア皇太子暗殺事件を起こした黒手組など、数々の秘密結社の恐るべき真相に迫る。あなたの知らないもう一つの世界が、いま明らかにされる...。

いいね!

    「秘密結社の暗躍」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      オカルト的要素の強い秘密結社の歴史。

      薄っぺらい内容は、ある意味では期待通り。

      著作権の話なども有り、もちろんそんなことは無いのだろうが、
      薄っぺらい海外だけの事例を集めた内容に、海外の作品を翻訳したもののような印象を受けた。

      おそらく日本での事例として、オウム真理教が取り上げられていないことに不自然さを感じ、
      上記の印象を受けたのではないかと思われる。

      ヒトラー率いるナチスの話などは、眉唾な気がしてならないが、
      ヨハネ・パウロ一世の暗殺疑惑へのフリーメーソンの関与に関しては
      非常に疑わしい要素が一杯で、単なる憶測以上の真実味を感じた。

      ただし、これは良く知られた話なので、この作品の特徴とは言い難く、
      結局、どこからか借りて来た感が拭えないのだろう。

      全体を通じ、遠い国での出来事としての冷めた受け取り方しか出来なかった。
      >> 続きを読む

      2009/03/01 by

      秘密結社の暗躍」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヒミツケッシャノアンヤク セカイシミステリー
    ひみつけっしゃのあんやく せかいしみすてりー

    秘密結社の暗躍 - 世界史ミステリー | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本