こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 600 円

「やられたらやり返すっ!!」時は一九七〇年代。田舎町に住むヤンチャでムチャな男子高校生と、町の駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦。「レーダー測定(ねずみ捕り)で自転車は捕まるのか!?」に始まる、バラエティ豊かな“ぼくたち”の作戦と、法すれすれのリベンジを繰り返す“駐在さん”の大人げない(?)攻防戦。ある時は「駐在所にいかがわしい本を届けて」みたり、またある時は、「セクシーな下着を駐在所のところどころに忍ばせて」みたり...。おバカで笑えて、熱くて泣ける、(半分)実話の人気ブログ小説、待望の文庫化。

いいね! frontier

    「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      田舎の高校生と一人の警察官の話です。

      ただお互いにいたずらを仕掛けあう話なのですがいたずらの発想がユニークすぎます!

      ぜひ読んでみてください!

      2015/04/24 by

      ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のレビュー

    • とても面白そうで、読んでみたいです。

      ネットで話題になっていた浪速のシューマッハの話が好きなのですが、
      それも警察との話で、そういう話が大好物です。

      映画もあるようなので、近々見たいと思いました。
      >> 続きを読む

      2015/04/24 by frontier

    • WEBで見かけた『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』サイトによると
      『悪戯の定義』
       1.相手に怪我を負わせてはならない
       2.しかけられた相手も笑えなくてはならない
       3.相手が弱者であってはならない
       4.償いができないものは悪戯ではない

      ふむふむ、です。
      正しい?悪戯できるガキンチョの増えることを願っているおやじです。
      >> 続きを読む

      2015/04/24 by junyo


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ボクタチトチュウザイサンノ700ニチセンソウ
    ぼくたちとちゅうざいさんの700にちせんそう

    ぼくたちと駐在さんの700日戦争 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本