こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

史上最強の内閣

3.5 3.5 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 650 円
いいね!

    「史上最強の内閣」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      色あせぬとは、こういうことか。

      といえば、良い事のように聞こえますが、
      ダラダラと何にも変わっていないと言うのが、実感。

      「今も昔も、七福」、というのもありましたが、
      お腹が痛いと言って途中で辞めた人が再び今の首相。

      良いのか悪いのか、休んでいるうちに、
      変な自信というか信念をお持ちになったようで、
      次々に強硬突破で法案を成立されていきますな。

      この本の初版は2010年、この文庫本は2013年の出版。

      北朝鮮がミサイルを撃つか撃たないか、本で読んでいることが
      まさにテレビから流れてくる。政権は二転三転しようと何も変わっていない。

      本では、首相官邸から緊急生放送があり、今の内閣は二軍で、
      日本国には最強の「影の内閣」があって、そこから期間限定で難題に挑んでいく。

      痛快、パロディ小説でおますな・・・・・
      今も政治にチョイトでも御不満の方、お読みなさいませ。
      >> 続きを読む

      2016/04/16 by

      史上最強の内閣」のレビュー

    • >月うさぎ さんへ

      一般市民が考えることをしていては、
      英雄になれないとでも思っているんでしょうか・・・・・。 >> 続きを読む

      2016/04/17 by ごまめ

    • >課長代理 さんへ

      こんな時こそ、災害対策本部は率先して
      首相自ら、熊本で指揮してほしいですな。 >> 続きを読む

      2016/04/17 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シジョウサイキョウノナイカク
    しじょうさいきょうのないかく

    史上最強の内閣 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本