こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ブラック・ラグーン

シェイターネ・バーディ
5.0 5.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 630 円

ロックこと岡島緑郎は、日本の商社マンだったが、南シナ海へ出張中に海賊まがいの運び屋“ラグーン商会”のメンツに誘拐された。あてにしていた会社にあっさり見捨てられた岡島は、一念発起して改造魚雷艇“ブラック・ラグーン号”の見習い水夫に転職。ダッチ、レヴィ、ベニーらの仲間に加わり、アジアの海を駆けめぐることに...。血と硝煙の匂い漂う無法者の街ロアナプラを舞台に、手に負えぬ野獣どもが暴れ回る冒険大活劇、人気大爆発の「月刊サンデーGX」連載作を、巨匠シナリオライター・虚淵玄が完全オリジナルストーリーで小説化!レヴィも驚愕の史上“最悪”な刺客どもが、ロアナプラに上陸する。

いいね!

    「ブラック・ラグーン」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      銃弾が飛び交うアクション漫画です。
      しょっちゅう人が逝ってますし、血も弾丸も飛び交ってますが直接的なグロはほとんどなく、気軽(?)に読めます。
      登場するキャラクターも、生きてるって感じがします。
      何か一つ信念を持ち、邪魔な奴には容赦をしない様は見ることに熱中させられます。登場人物が死んでも納得というか、運がなかったというか、、、、こちらの不満なくコトが進むので、気に入ってます。

      ただ、新刊出るのすごい遅いんですよねぇ・・・
      年1冊でもいいから出してほしいです。。。
      >> 続きを読む

      2015/05/07 by

      ブラック・ラグーン」のレビュー

    • 漫画版じゃなくて小説版のほうですねこれは。

      2015/05/07 by teem0

    • >登場するキャラクターも、生きてるって感じがします。
       アニメしか見てないけど、これ、ものすごく分かります。ギリギリのところで生きてる感じがいいんですよね。 >> 続きを読む

      2015/05/07 by 素頓狂

    • 評価: 5.0

      会社に裏切られたしがないサラリーマン(ロック)が東南アジアの悪徳の街ロアナプラを中心に法に縛られない運び屋の仲間として裏社会を狭間から観察し続けるアクション漫画。
      雰囲気としては香港アクションとハリウッドアクションを足して2で割らない感じです。
      ロックが出張中に誘拐~会社に裏切られ~そのまま誘拐犯の運び屋の中なとなる話からはじまって、双子の子供の殺し屋の悲しい顛末の話、日本のやくざのお嬢の悲しい恋の話、南米マフィアの息子を取り戻しに来たメイドの話等が描かれております。これらをラグーン商会(運び屋)を中心として、香港マフィア、ロシア陸軍大隊、CIA等の組織との衝突もしくは共闘を基本として話が進んで行きます。
      基本的にギャグは無し(日傘で銃弾弾くぐらい)、銃撃戦の射撃音とシリアスな人間模様を楽しむ漫画です。
      作者の世界観が結構好きで、正義を正面から振りかざすでもなく、さりとて見境ない悪党でもなく、それぞれの人間がそれぞれ過去や事情を引きずりながら懸命に日々を生きている。そういう話です。割と映画、男たちの挽歌っぽいかもしれません(三合会の張さんとか)。
      最後の米軍特殊部隊に当主を殺された復讐の為に部隊を追うメイドとそれを追う南米マフィアの新しい当主(殺された当主の息子)の話がとても良かったですね。
      実現性はともあれ、メイドさんが先込め式マスケット銃でのガンカタで米軍特殊部隊を狩るシーンとか臨場感があります。
      エンターティンメントを置いておいても、国から命令された仕事としてラブレス家の当主を暗殺した特殊部隊と当主への恩から全てを投げ打って復讐を果たそうとする眼鏡メイドロベルタ、新当主ガルシアとの間のセリフ回しが良いです。仕事とはいえ親父を殺したのは自分だから君には復讐の権利があるとガルシアに銃を渡す部隊長とか、戦争と復讐その負の連鎖という近代戦争の避けえぬ特徴の描写を通して、その狭間にもがく人々のそれぞれの選択。終着点としての和解。結局正義は言い訳にはなっていませんし、復讐を避ける道具にもなりませんでした。それは、ヴェトナム、アフガン(ロシア侵攻)、911、イラク、アフガン、そして再度イラクという現実を見ても明らかでした。現実に巻き込まれた人には正義という言い訳はどうでも良い物でしたから、流れた血の分だけ対価を求めようとする。多分それだけなのだと思います。もっと、別の方法を探していかなくてはいけないのでしょうね。
      ちょっとだけ骨のあるエンターティンメントを読みたくなったとき、もしくは弾幕の音を聞きたくなったときにお勧めです。
      >> 続きを読む

      2013/02/11 by

      ブラック・ラグーン」のレビュー

    • >雰囲気としては香港アクションとハリウッドアクションを足して2で割らない感じです

      足して割るのかと思いきや割らないのですね(笑)
      >> 続きを読む

      2013/02/11 by ただひこ

    • 何これ!
      何てわたし好みの設定が多い作品なんでしょう♪

      早く読みたいー! >> 続きを読む

      2013/02/12 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ブラックラグーン シェイターネバーディ
    ぶらっくらぐーん しぇいたーねばーでぃ

    ブラック・ラグーン - シェイターネ・バーディ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本