こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

人類は衰退しました

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円

わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は“妖精さん”のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の“調停官”であるわたしのお仕事。ですが最近は、クレーム受付担当の様相を呈しておりまして...。「クスノキの里に学校を!」歴史を逆再生するスローガンによってわたしに回ってきた教師役。三人の問題児は、エスカレートする保護者の要求のもとにやりたい放題!助っ人教師の皆さんの顔面にもパイの嵐で、ついにわたしも暴走!?クスノキの里、潰滅...。

いいね!

    「人類は衰退しました」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      こちらも後半まで読んで放置していた作品。

      ほぼほぼそれまでのストーリー忘れていて、でも、ま、いっかと思い読み進めました。ただまあ、出てくる出てくる、メタ的な話題。ここまで読みにくくはないけれど電子やら機械的やらインフラやら読んでいてちんぷんかんぷんな読書ってそんなにないよなぁと。この作品では人類が衰退していて退廃的な中生き残った人類と妖精さんと言われる不思議な生命体があーしたりこーしたりして日々を過ごしていくという感じなのだけれどいやあ、難しい。。専門用語とメタ的な言葉の乱立でめっちゃ疲れる(笑)

      まあ、読みやすいから苦労はしないけど理解できてるかと問われたら・・危ういよね。まあ、雰囲気だけでも楽しめたからよかった。

      ただ、ラストのお話では「おお!まさしくこれがどんでん返しってやつやん!!」となったので頑張って読んだ甲斐がありました!笑

      アニメ化もされて自分も観ましたがよくわからなかったというのが正直な気持ちです。まあ、本当に雰囲気を楽しむ作品だなぁと自分は思っています^^;

      次巻以降は・・・


      今回も良い読書が出来ました?
      (なんとなく作中の妖精さんっぽく?で締めてみました笑)
      >> 続きを読む

      2019/02/04 by

      人類は衰退しました」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ジンルイワスイタイシマシタ
    じんるいわすいたいしました

    人類は衰退しました | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本