こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

血の轍 (6) (ビッグコミックス)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 押見 修造
いいね!

    「血の轍 (6) (ビッグコミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      なんて恐ろしい毒親((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

      肉食女子の吹石さんを振り切ったものの
      自分の帰る場所はやはり母親のもと
      『ママの事全て話すから、静ちゃんもお話して』と言われ
      一緒に帰ってみれば家の中は荒れて汚いまま
      そして影の薄い父親…

      家の中の状態がそのままママの状態を現してるようで怖い
      全てお話すると言ったものの…
      ( ̄◇ ̄;)エッ…何それ?
      平然と嘘を言い募るけど
      無自覚で都合のいい様に記憶が改善されているのか?

      あれは事故だと静一強引に言い聞かせ
      強引に言い切られ静一の記憶もフリーズ状態
      更に静一の汚れたパンツを出してきて
      吹石さんについて怒涛の追求が始まる
      言葉で詰って
      嫌な感情を顔に出し追いつめていく
      追いつめられた静一はそのまま洗脳へ……


      この後、しげちゃんの意識が戻ったと連絡があり
      病院に向かうこの親子
      この後どうなるのか?



      静一を自分のモノだと思ってる母親
      一見、過保護で心配症な母親にしかみえないし
      気弱で反抗などできない静一は
      母親から逃れるすべがないんじゃないか?
      そして影の薄い父親

      一コマ、一コマの間がなんとも言えない漫画
      その一コマに母親の狂気と息子の恐怖が!!!!!Σ(ll||д゚ノ)ノ

      しっかし息子の汚れたパンツを持ってきて追及するってのがね
      子供は子供の成長があるのに
      そんな性的な事を追究されたらいたたまれない…
      怖いな、(ボソッ)
      的確にメンタル削られるよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
      >> 続きを読む

      2019/09/12 by

      血の轍 (6) (ビッグコミックス)」のレビュー

    • レビュー拝見させていただいて、やっぱりすげー作品なんだなぁ…と本当に思いました…本編読んでいないのに寒気と怖気が止まりませんでした…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

      前にもやり取りしたと思いますが、こういう親ってある一定数いるんでしょうね。
      そして、今ネット社会になりより目に触れやすくなった…本当に親子って十人十色、千差万別ですね、良くも悪くも(^^;

      読んでみたいけど、やっぱり怖いです〜(><)
      >> 続きを読む

      2019/09/13 by 澄美空

    • >澄美空さん

      毒親って自分のこと毒親って思ってないよね
      それに子供=自分のモノって思ってるんじゃないのかな?

      この漫画のママは息子をあえて過保護に育て
      反抗心を奪い取る感じ?(但し、無自覚)
      気弱な息子っぽいのでママに反抗できないわ…ってか反抗期がないような

      あと、お父さんが空気
      家庭の事分かってないんだろうなぁ…

      この漫画はどこに行く着くんだろうか?(-ω-;)ウーン


      ネットでこの本のレビューを見てたら
      自分の母親もこんな感じで
      母親から離れるのが大変だった…みたいな事を書いてる人がいて
      やっぱ、そんな母親いるんだ…と思ったよ(*´Д`)=з
      考えてみたら毒親も色々だよね
      私の知り合いのお母さんも毒親かも?
      すべて娘(知り合い)に丸投げ…
      お嬢様育ちで何もやらない人だったって言ってた∑(; ̄□ ̄A アセアセ

      >> 続きを読む

      2019/09/14 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    血の轍 (6) (ビッグコミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本