こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

私のなかの彼女

2.0 2.0 (レビュー2件)
著者: 角田 光代
定価: 680 円
いいね!

    「私のなかの彼女」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      淡々と読める小説を求めて、こちらを手に取りました。

      主人公である和歌の世界は、恋人の仙太郎によって作られ、そして壊されていくように見えるけど、本当はどうだったんでしょう…和歌の視点しかないので正解はわからないけど、この少し狂っているような女性像は山本文緒の『恋愛中毒』を思い出します。

      恋愛の【幸せじゃないところ】をぎゅっと圧縮したような感じ(笑)
      これを読んで「恋がしたい」とは絶対にならないですね。
      失恋後に読むと冷静になれるかもしれません。

      仙太郎の言葉や態度には気持ちをざわつかせる不気味さがありましたが、20歳前後の男性の自尊心の現れだと思えばかわいいものです。


      >> 続きを読む

      2018/05/23 by

      私のなかの彼女」のレビュー

    • 評価: 1.0

      八日目の蝉の映画が面白かったので角田光代に興味が出て、読んでみた。

      登場人物の誰にも共感できない。
      こういう「女」を出してくる女が苦手だ、とてもモヤモヤ。

      2016/07/06 by

      私のなかの彼女」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    私のなかの彼女 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本