こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

おせっかいな神々

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 540 円
いいね!

    「おせっかいな神々」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      お馴染み星新一のショートショート集。
      SFではない星さんも意外にたくさんあります。
      解説の中島梓氏が、星さんといえばSF!!!と主張されている通り、私にとっても星さんの真髄はSF的精神だと思っていますけれども、
      本書は「おせっかいな神々」というタイトル通りに、SF色が比較的薄い作品集です。
      ラストにオチがあるお話が多く「最後の1行」が効いています。
      落語やコントで演じたらぴったりな話も多いのでした。
      どなたか演目としてやればいいのに。

      ちなみに「おせっかいな神々」という題名の作品はありません。

      何度目かの再読なのでタイトルは全く忘れていても、読んでいるとオチを思い出してしまうものもありました。
      そこで今回は笑いを自己流に分類してみました。

      登場人物の多くは一般庶民です。
      意外に犯罪ネタが多い事にも気づきました。
      ひょっとしたら自分も…?と思うことも…。

      【目次】 ショートショート 30篇
      ・笑い顔の神(超常現象/落とし穴/落語)
      ・現代の美談(犯罪/落語)
      ・サービス(社会風刺/コント)
      ・魔法使い(犯罪/落とし穴/コント)
      ・奇妙な旅行(超常現象/寓話)
      ・出来心(犯罪/落語)
      ・問題の男(超常現象)☆
         悩み相談窓口に現れた地味な独身女
         若くてハンサムな男につきまとわれているという…
      ・非常ベル(犯罪/落とし穴/コント)
      ・古代の秘法(風刺)
      長寿の秘訣が今、解き明かされようとしていた
      ・死の舞台(犯罪/コント)
      ・マスコット(超常現象/社会風刺)
      ・税金ぎらい(犯罪/落とし穴/落語)
      ・隊員たち(SF)☆ 
         遠い未来、人類は映画のロケのために辺境の星へも足を延ばしていた
         ペットのキッピちゃんが憐れです。これは紛れもなくSF。
      ・指紋(犯罪/落とし穴)
      ・権利金(超常現象/落とし穴)格安物件にはワケがある
      ・保護色(社会風刺)
      ・夜の声(犯罪/超常現象/落とし穴)
      ・機会(犯罪/落とし穴) 強盗に入られてもチャンスに変える男
      ・箱(ファンタジー/寓話)☆
         コミック星新一で漫画化。
         男性⇒女性への変更も含め原作から大胆な解釈変更をしていますが、
         短篇小説を思わせる素晴らしい作品になっています。
         チャンスがあったら読み比べてみて欲しいです。
      ・魅力的な薬(犯罪/コント)
      ・未知の星へ(SF/社会風刺)
      ・夜の事件(犯罪)
      ・歴史の論文(超常現象/落とし穴)
      ・重要なシーン(犯罪/落とし穴)
         調子に乗りすぎた男。現代では使えないアリバイ
      ・商売の神(落とし穴)☆
         失敗の無い商売の秘訣とはマーキュリーの像に誓いを立てる事
      ・四日間の出来事(犯罪/落とし穴)
      ・愛の指輪(ファンタジー)
      ・効果(犯罪/落とし穴)☆
         愛する妻のために老齢の男が努力した事とは…
      ・協力者(社会風刺)
      ・狂気と弾丸(犯罪)☆
         精神病院から逃げ出した患者の妄想は…。
      ・天罰(犯罪/落とし穴) 
      ・無表情な女(犯罪/落とし穴)
         催眠術を解くキーワードは…?
      ・ささやき(SF/社会風刺)
         未来の地球。2030年7月1日。
         星さんのSFで日付が書かれているのは超レアです
         火星帰りの私は人々の暮らしはどう変わっているか不安だった。
         R万能サービス会社に相談すると…。
         何かのいいなりになって行動しているのは今だって同じかも…。
      ・午後の出来事(ファンタジー)☆
         神経科医を訪れた青年の話には30分間の空白があった。
         催眠術で再現すると…。
      夜の召使い(SF?ファンタジー?)☆
         R万能サービス社の提供する「妖精の召使い」とは?
      ・三年目の生活(犯罪)☆
         男は愛する妻のため、やくざな稼業から足を洗ったが…。
      ・すばらしい銃(犯罪)
         銃が人を殺すのではない、人が殺すのだ
         という論理を吐く人にこの銃を与えよう。
      ・そそっかしい相手(ファンタジー/落とし穴)☆
         あ~~あ。豚に真珠よりもひどいよ。
      伴奏者(ミステリー)☆
         郊外の林の中の一軒家。夜半ドアにノックの音が…
         現れたのは若い女。
         「ノックの音が」シリーズに加えられそう。
      敬服すべき一生(超常現象/落とし穴)☆
         エフ博士の人生エンドレス

      イラスト:真鍋博  解説:中島梓
      >> 続きを読む

      2016/07/30 by

      おせっかいな神々」のレビュー

    • タイトルと表紙から、いろんな神様が出てくる本だと思っていました。
      犯罪ネタが多いのですね~!
      「箱」が気になります。コミックでは性別まで変わっているとか!
      「ささやき」の日付は、そう遠くない未来のお話ですね。
      >> 続きを読む

      2016/07/31 by あすか

    • あすかさん
      神さまというよりは天使や悪魔や幽霊やらアラジンのランプの精まで出てきます。
      それと私も気づいたのは犯罪のネタが多かったことです。意外でした。
      「箱」は、本作だけを読んだ時は結構地味な印象でした。きっと漫画が優れているんだと思います。
      「ささやき」は2030年っていったらもうすぐ時代が追い付く感じですよね。
      でも、火星に移民なんてまずありえないですね。月ですらアポロ以降有人飛行をやっていないのですから。
      「2001年宇宙の旅」なんて年号からしたら、もう過去の話になっていますが、
      木星に人間が飛んで行くなんてさらにあり得ないお話しですよね。
      SFで年号を指定するというリスクは結構高いと言えるでしょう。
      >> 続きを読む

      2016/08/01 by 月うさぎ


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    オセッカイナカミガミ
    おせっかいなかみがみ

    おせっかいな神々 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本