こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

沈まぬ太陽

4.0 4.0 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

「空の安全」をないがしろにし、利潤追求を第一とした経営。御巣鷹山の墜落は、起こるべくして起きた事故だった。政府は組織の建て直しを図るべく、新会長に国見正之の就任を要請。恩地は新設された会長室の部長に抜擢される。「きみの力を借りたい」。国見の真摯な説得が恩地を動かした。次第に白日の下にさらされる腐敗の構造。しかし、それは終わりなき暗闘の始まりでしかなかった...。

いいね!

    「沈まぬ太陽」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      あんな腐敗にこんな腐敗とよくもまぁこれだけ出てくるものだと感心する。組合が乱立するのにも意味はあり、正義は一義ではない。あと1巻でどうやって収束していくのかが楽しみ。

      2020/01/26 by

      沈まぬ太陽」のレビュー

    • 評価: 4.0

      山崎豊子、、濃厚〜〜〜〜。
      女性でもこんな世界が描けるんですね。
      やっと4巻に入ったところです。読破したいぃぃ

      2016/04/26 by

      沈まぬ太陽」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    11人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シズマヌタイヨウ
    しずまぬたいよう

    沈まぬ太陽 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本