こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

羆嵐

3.9 3.9 (レビュー5件)
著者:
定価: 420 円
いいね!

    「羆嵐」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      日本獣害史上最悪の惨事となった大正15年の三毛別羆事件を描いたドキュメンタリー。

      北海道の開拓村を襲った惨劇、羆の襲撃により二日間で6人の命が奪われる。

      羆の恐ろしさは、それが喰らった人々の遺体の描写に表れている。
      淡々語られるその様子は、これが本当にあった事件であると言う事を考えると身の毛もよだつ恐ろしさを感じる。

      この事件で、後半中心となる人物は猟師の銀次郎であろう。
      彼は、普段の素行から村人より忌み嫌われる存在であるが、この事件のさなか、人々が恐怖から冷静な行動がとれなくなっている中で唯一冷戦沈着に行動し、熊を追跡し最後にはこれを仕留める。
      人間というものは、本当に一面だけで判断できないものであり、簡単なステレオタイプ的なものに置き換えれないものであると感じる。
      >> 続きを読む

      2018/01/02 by

      羆嵐」のレビュー

    • 評価: 5.0

      北海道とはいえ100年程前まで、国内でこのような獣害が起きていたのだ。迫りくる巨大ヒグマの恐ろしさと、それを追う老猟師・銀四郎の歩みに、都会生活に忘れてしまった野性を感じる。


      P71
      再び骨を砕く音がきこえてきた。彼らは顔をゆがめた。

      P180
      そんな必要はない。おれはクマを追う時には夜明けから日没まで山の中を歩きつづける。クマの足は早いが、それに追いつくためにはクマより早く歩かねばならぬ。

      P225
      銀四郎は、止まった。かれは、ニレの巨体に身を寄せ、銃を構えた。区長には、その立射の姿勢が美しいものにみえた。
      >> 続きを読む

      2017/10/27 by

      羆嵐」のレビュー

    • あの三毛別羆事件ですかね!

      ここ近年もクマの出没が多くなってきていますが、この事件は歴史上で語られるほど、恐ろしい事件ですよね。 >> 続きを読む

      2017/10/27 by Liys☆

    • はい、三毛別です。私もこの本で知りましたが、本州の熊と北海道のそれは、質的に全く異なるそうです。凄惨な事件が起きるならば北海道でしょうね。あな恐ろし。 >> 続きを読む

      2017/10/27 by こいこい

    • 評価: 4.0

      2017年読書初め。バーナード嬢紹介本。

      大正時代、北海道で実際に起きた村民7名がエゾヒグマに殺害された事件が基礎になっているドキュメンタリー調の作品。日本史上最大規模の獣害事件。

      街なかに住んでいたら野生の熊に出会うことなんてまぁ有り得なくて忘れがちだけど、野生の熊が凶暴な一面もある肉食獣だということを思い知らされる。
      グロテスクな描写もあるけど、実際の現場は想像より遥かに凄惨だったんだろうな…
      作者が決して人間側に付かず熊と人間を平等に扱っていた点が印象的。
      そりゃ熊からしたら何を喰おうが空腹を満たすという生き物としての本能に従ってるだけやもんなぁ。

      事件自体もさながら、当時の北海道で大自然に晒されながら生きる開拓民の生活の苛酷さがひしひしと文面が伝わってくる。辛すぎる…

      それとこの本読み終えたあとYouTubeで熊を検索したのはきっと僕だけじゃないはず…!(;><)
      >> 続きを読む

      2017/01/06 by

      羆嵐」のレビュー

    • 評価: 2.0

      大正4年12月9日、日本獣害史上最大の惨事である三毛別羆事件を基にした
      ドキュメンタリータッチ小説。

      どうしよう。
      各所で拝読できる、本書をレビューされてる方々と違い、まったく恐怖感を
      抱かなかったのですが…。
      全編通して文章があまりに淡々とし過ぎているからでしょうか。

      羆に襲われるかもしれない恐怖感も、羆に襲われた現場に直面した絶望感も、
      手古摺っていた羆を遂に仕留めた達成感もありませんでした…。

      読後に「復習」したWikipediaの「三毛別羆事件」の項の方がより臨場感に
      溢れていました。

      そもそも、羆云々よりも、当時の開拓民の過酷さの方が印象的でした。
      >> 続きを読む

      2014/09/03 by

      羆嵐」のレビュー

    • sunflowerさん>
      表紙、かなりのインパクトですね^_^;

      ホント、今回ばかりは(どうしよう)と
      思っちゃいました。
      >> 続きを読む

      2014/09/05 by にゃむこ

    • 月うさぎさん>
      「羆」はこんなことでもなけりゃ読めません(笑)

      そう!羆よりイナゴの襲来の方が恐ろしかったです…。 >> 続きを読む

      2014/09/05 by にゃむこ

    • 匿名
      評価: 4.0

      恐い。羆害(ゆうがい)がこれほど恐ろしいものとは。

      2013/02/28 by

      羆嵐」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    クマアラシ
    くまあらし

    羆嵐 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本