こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

江戸川乱歩名作選 (新潮文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 江戸川 乱歩
定価: 680 円
いいね!

    「江戸川乱歩名作選 (新潮文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      どのお話もドキドキしながら頁をめくっていました。
      江戸川乱歩名作選、不可思議な世界。
      私の中で江戸川乱歩は、「実はこの事件はこうだったのだよ」と、主人公と犯人がお互いに推理を語り合うイメージです。なので「この話もかぁ」と思うこともありましたが、全体的に楽しく読ませて頂きました。心の闇の部分が描かれているのでゾゾっとしますね。変態度は傑作選に比べるとおとなしめです。

      ※以下、ネタバレあります。


      ・石榴
      住み手のいない空き家で無残な死に方をした男が発見された。
      この無残な死に様をした男は、旧幕以来の名古屋銘菓である、貉饅頭の主人。
      硫酸がかけられ、石榴がはぜたような姿で発見された。

      最初の作品から、事件の真相が何なのかと夢中になって読みました。
      犯罪よりも犯人のたった一つの未練を達成した姿に寒気がしました。終わり方は三文芝居のようだけれど(すみません・・・)
      内容について触れたいのですが、重大なネタバレをしてしまいそうなのでここまでにしておきます・・・。

      ・押絵と旅する男
      魚津駅から上野への汽車に乗った夕方に出会った、押絵と旅していた男との話。

      どこか別の世界に誘われたような感覚に陥ります。
      押絵を持った男と、この男の兄の気持ちを考えると切なくなります。
      溢れんばかりの若さを捧げた恋でしたが、あの世界では、今はどのような会話をしているのでしょうか。虚しさを感じました。

      ・人でなしの恋
      実はこの短編集で一番好きなお話です。
      門野家へお嫁入りした娘が見た、夫と誰かの逢瀬とは。

      主人公が扉をばんと開けて、「その女は一体誰なの!」と問い詰めるver.を読んでみたい。

      ・陰獣
      「江戸川乱歩傑作選」を読んでいたらより楽しめます。



      いろいろ記録に残したいのに、ネタバレが怖くてほとんどぼかしてしまいました。
      だいぶ涼しくなってきましたが、じとっと暑い季節に不可思議なお話、いかがでしょうか。
      >> 続きを読む

      2019/09/01 by

      江戸川乱歩名作選 (新潮文庫)」のレビュー

    • 自分傑作選持ってました(^^)
      隣の部屋掃除してたら出てきました(笑)
      今、本棚で大事に寝かせています!

      江戸川乱歩は多分母が好きだったんだろうなあと思います。
      生前というか母は若い頃看護師していて看護学校に通っているときかなりの本を読んだと言っていまして。その後父と結婚して自分が産まれてからは2時間ドラマ、特にミステリーものを見るのが好きで金田一耕助シリーズとかもよく見ていたので多分江戸川乱歩もアガサ・クリスティも読んでいたんだろうなあと思います。

      自分のミステリー好きももしかしたら母譲りかも知れませんね。
      ただ、今母ともし会えて自分が読んでる本見せたら、あんた、これ漫画なんじゃないの?と言われそうで怖いですけどね(笑)

      自分も熟成されて読み時が来たら堪能したいと思います〜(o^^o)♪
      >> 続きを読む

      2019/09/01 by 澄美空

    • 美空さん
      傑作選持っていますか!では、ぜひこちらから読んでみてください☆続けて名作選もおすすめです~!

      美空さん、かなりお母様の影響を受けていますよね。
      凄く素敵なことだと思います。
      乱歩もクリスティもお好きだったのですね~!
      因みにうちの父は時代小説、母は赤毛のアンが好きです。ミステリ語りたいのですが。笑

      ぜひぜひ、熟成されたら読んでみてくださいね♪
      >> 続きを読む

      2019/09/07 by あすか


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    江戸川乱歩名作選 (新潮文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本