こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

眠狂四郎無情控 (下) (新潮文庫 (し-5-54))

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 錬三郎, 柴田
定価: 20 円
いいね!

    「眠狂四郎無情控 (下) (新潮文庫 (し-5-54))」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。
      狂四郎シリーズ第六作の下巻。

      豊臣遺産百万両のありかを示した文書にしたがって志摩国をめざす狂四郎の前に、刺客たちが次々と現れる。それをかわしてたどりついた志摩国で賢島に渡り、文書にある磯館を訪ねるが....。

      豊臣家の財宝であるから、そう簡単に手に入らないのは当然で、狂四郎は伊勢からさらに奈良へと向かうことになる。長い旅のゴールは、奈良にある豊臣家ゆかりの寺だった。

      それにしても、狂四郎は何度戦ったことだろう。死体の山を築きながら、旅をしたようなものである。
      忍者五人との決闘をあずかってくれた室生寺の住職に、狂四郎はこう言われる。
      「この世に、御辺ほど、業の深い御仁は、見たことがない」
      狂四郎は、ただ恐れ入るしかない。

      シリーズの未読は『独歩行』五十話と『殺法帖』五十話になった。絶版にならないうちに手に入れなくては、と思う。

      『無頼控』『続三十話』『独歩行』『殺法帖』『孤剣五十三次』『虚無日誌』『無情控』『異端状』


      >> 続きを読む

      2021/05/01 by

      眠狂四郎無情控 (下) (新潮文庫 (し-5-54))」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    眠狂四郎無情控 (下) (新潮文庫 (し-5-54)) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本