こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

男振

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

若くして頭髪が抜け落ちる奇病を主君の嗣子・千代之助に、侮蔑された17歳の源太郎は、乱暴をはたらき監禁される。別人の小太郎を名のって生きることを許されるが、実は主君の血筋をひいていたことから、お家騒動にまきこまれることになる。しかし、源太郎は、宿命的なコンプレックスを強力なエネルギーに変えて、市井の人として生きる道を拓いていく。清々しく爽やかな男の生涯。

いいね!

    「男振」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      図書館本。

      数奇な運命をたどった男の生きざまを描いた長編。ページをめくる手を止められない面白さだった。

      眉目秀麗な堀源太郎は藩主の嗣子の学友となるが、十五歳で脱毛する奇病に見舞われる。すっかり髪のぬけた頭部を嗣子にからかわれた十七歳の源太郎は暴行をはたらき、監禁される。死を覚悟するが、なぜか名を変えて生きることを許され、運命に翻弄されることになる。

      この物語は一種のお家騒動ものだが、刺客におびえる運命に翻弄されながらも、自分で道を切り拓いていく源太郎の意志の強さがさわやかだった。どんな目にあっても周囲の人々への感謝を忘れない源太郎が、けなげで好感度大。源太郎を生涯にわたって慈しむ養父の源右衛門や、源太郎の護衛で斬殺される小平太もすぐれた脇役だった。


      >> 続きを読む

      2021/02/25 by

      男振」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    オトコブリ
    おとこぶり

    男振 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本