こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

編笠十兵衛

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 662 円

浅野内匠頭は吉良上野介へ刃傷におよび即日切腹となる。一方の上野介には何のとがめもなかった。“武士の喧嘩両成敗”という幕府の定法にもかかわらず、将軍綱吉の裁決は一時の気まぐれであり片手落ちだと世の反感をかう。柳生十兵衛の血をひき、将軍家から“御意簡牘”と呼ばれる秘密の鑑札を与えられている浪人・月森十兵衛は、幕府政道の“あやまち”を正すため隠密活動を開始する。

いいね!

    「編笠十兵衛」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      図書館本。上巻。
      隠密活動をしている浪人の目を通して描いた忠臣蔵外伝。

      柳生十兵衛の血をひき、将軍家から秘密の鑑札を与えられている浪人月森十兵衛は、浅野内匠頭が起こした刃傷沙汰以来、赤穂浪士たちの動きを探っている。大石内蔵助の江戸入りに際して初めてその姿を見るが、十兵衛にとって内蔵助は不可解な人物だった。

      剣の達人でもある十兵衛が格好よすぎて、わくわくしながら読んだ。赤穂浪士討入りに十兵衛がどう関わっていくのか、下巻が楽しみ。



      >> 続きを読む

      2021/01/21 by

      編笠十兵衛」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アミガサジュウベエ
    あみがさじゅうべえ

    編笠十兵衛 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    岳飛伝 十二 飄風の章

    最近チェックした本