こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

江戸の暗黒街

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 500 円

香具師の元締・羽沢の嘉兵衛、腕利きの殺し屋・岩淵の又蔵、殺しの現場を見た小女おみよ、白痴だが働き者の平次郎。彼らは確かにそこにいたのだ江戸の街の深く黒い闇の中に。身をつめ、身を震わせ、喘ぎ、時には己れの策謀にまんじりともせず酔いしれながら―運・不運にもまれつつ、与えられた人生を生ききる男たち女たちを濃やかに描いた、「仕掛人・藤枝梅安」の先駆をなす8つの短編。

いいね!

    「江戸の暗黒街」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      図書館本。
      江戸の闇の世界に生きる香具師や、仕掛人を描いた話を集めた短編集。八篇収録。

      闇の世界を牛耳る香具師や殺し屋の話だから、血なまぐさいものばかりである。縄張り争いに明け暮れる香具師と仕掛人の間に、絆などあろうはずがない。いつか裏切られ、自分も殺される。非情な世界である。

      こうした短編で描かれた闇が、その後の「仕掛人・藤枝梅安」シリーズにつながっていくようである。でも、同じ血なまぐさい話なら、戦を描いたもののほうがいいかな。非情な話よりも、人情味あふれる話を読みたい。



      >> 続きを読む

      2021/01/10 by

      江戸の暗黒街」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    エドノアンコクガイ
    えどのあんこくがい

    江戸の暗黒街 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本