こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

風が強く吹いている

4.3 4.3 (レビュー17件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 860 円
この書籍に関連するページ
第4回 本屋大賞 / 3位

箱根駅伝を走りたい―そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく...風を感じて、走れ!「速く」ではなく「強く」―純度100パーセントの疾走青春小説。

いいね! zunco Peco27

    「風が強く吹いている」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      とにかく読みやすく、飽きずにサクサク読める。ゾーンに入るところの表現がわかりやすく、駅伝だけでなくすべての種目の選手にもお勧めの本です。また、陸上という競技は、記録との戦いが主で、相手との駆け引きは従と思いがちですが、テニスや卓球などの一対一の球技に劣らず相手との駆け引きに凄いモノがある、ということが認識できた。池井戸の陸王でも感じましたが、陸上は個人競技で自己記録がすべてと思いがちですが、チームメイトとのチームワークや連帯意識、相手との凌ぎ合いなどその世界に接しないと解らないことがあると思います。いよいよオリンピックが始まり、パラも始まります。障がいスポーツを含めすべてのスポーツの良さ(観戦も大事ですがプレイする楽しさ良さを含めて)を、この機会に理解されるといいと思っています。 >> 続きを読む

      2019/02/13 by

      風が強く吹いている」のレビュー

    • 評価: 5.0

      箱根駅伝に出場することができるとわかって読んでいるのに、予選会からハラハラし涙ボロボロだった。 クライマックスの箱根駅伝は、自分がその場にいるような一体感。 頑張れ!余計なこと考えるな!スピードを出し過ぎて体力を消耗させるな!挑発に乗るな!東体大には負けるな! たった10人のチーム。 本戦で走り終わった後に着るベンチコートが人数分なくて、それさえもリレーしている。 そんなありえない設定も気にならなくなるほど後半は物語にのめり込んだ。 襷を繋ぐことで仲間と繋がる。 読む側も風を感じながら疾走する小説だった。 >> 続きを読む

      2018/08/12 by

      風が強く吹いている」のレビュー

    • 評価: 3.0

      スポーツが好きな人に、勧められた一冊です。

      なかなか「スポーツモノ」の小説を読む事が無かった私なので、新鮮な気持ちでした。
      それと同時に、こういう小説も面白いんだなぁと、気付かされました。

      最初は乗り気ではなかった竹青荘の皆だけど、厳しい練習を積むうちに、一人一人が前向きに箱根駅伝を目指していきます。

      その成長してく姿が、とても素敵でかっこよかったです。
      >> 続きを読む

      2017/03/30 by

      風が強く吹いている」のレビュー

    • レビュー件数200冊おめでとうございます!

      自分も中々スポーツモノは読まないのですがこの作品はあまりこういう作品を読まれないゆずのさんの琴線に触れたんですね!!だったら自分の琴線にも触れるかなとレビュー拝見させて頂いて思いました(^^♪(なんか色々と日本語がおかしいのは突っ込まないで下さい笑)

      人気のある作品ですよね。
      機会があったら読んでみたいなとも思いました♪♪
      >> 続きを読む

      2017/03/30 by 澄美空

    • >澄美空さん
      ありがとうございます。
      私自身、200冊に到達した事すら、気付いていませんでした(笑)
      教えて下さり、ありがとうございます(^^♪

      澄美空さんも、スポーツモノは読まれないんですね。
      私も、この先読む事ないんだろうなぁって思っていたんですが。
      友人が(無理やり、笑?)貸してきたので、「折角だし」という思いで読み始めたんですよ。

      いえいえ、日本語お上手です!
      澄美空さんが仰りたい事、伝わりましたよ(*´▽`*)
      もし機会があれば、読んでみて下さい。
      >> 続きを読む

      2017/04/04 by ゆずの

    • 評価: 5.0

      ほかの人も書いているように物語は結構無理やり進められていきます。ほとんどの人がハイジの箱根駅伝に出ようという提案に賛成したり、ほとんどのメンバーがもともと走るのが早かったりと…
      何度かこれは無理やり感があるなと感じたことろがありました。

      しかし、物語を読み進めていくうちにそんなことはどうでもよくなりどんどんと引き込まれていきます。
      本はとても分厚いですが、途中で中だるみもすることなく楽しむことができました。

      また、最後の試合のシーンもたっぷりとページを割いて書かれていたというところも嬉しいです。

      この本を読んだ99%のひとは今にでも走りたくなってしまう、そんな魔力が感じられる小説でした。


      余談ですが…

      小説を読んだ後に映画のキャストを見るのが好きです…笑
      >> 続きを読む

      2016/03/11 by

      風が強く吹いている」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      素人集団が、たった10人で 箱根駅伝に挑戦する。

      仲間との信頼関係、個人の強さ、緊張感が、ジンジン伝わってきた。

      後半、箱根駅伝のスタートを切ってからは、
      ページを止められず、一気に読み進めました。

      陸上経験のない私でも、
      どっぷり入り込み、がっつり泣いた(笑)

      THE 青春!!!の一冊でした(*´艸`)
      >> 続きを読む

      2015/06/12 by

      風が強く吹いている」のレビュー

    もっとみる

    関連したレビュー

      新潮社 (2006/08)

      著者: 三浦しをん

      他のレビューもみる (全3件)

      • 評価: 4.0

        駅伝や運動に限らず、何をするにも考えさせられる一冊。1度しかない人生をどう生き抜くかは自分自身が決めることであり、真の強さとは何か、読者自信の境遇次第で感じかたは違うのかも。

        2017/11/13 by

        風が強く吹いている」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    64人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    カゼガツヨクフイテイル
    かぜがつよくふいている

    風が強く吹いている | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本