こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

海馬

脳は疲れない
3.5 3.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 基礎医学
定価: 620 円

脳と記憶に関する、目からウロコの集中対談。いわく、「『もの忘れは老化のせい』は間違い」「30歳を過ぎてから頭は爆発的によくなる」―。記憶を司る部位である「海馬」をめぐる脳科学者・池谷裕二のユニークな発想と実証を、縦横無尽に広げていく糸井重里の見事なアプローチ。脳に対する知的好奇心を満たしつつ、むしろオトナの読者に生きる力を与えてくれる、人間賛歌に満ちた科学書。

いいね!

    「海馬」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ずいぶん前に出版された対談集だが、「海馬」というミステリアスなな部位の役割と人の記憶に興味を覚えて読んでみた。

      最近AIの進歩に感心することが増えたが、人の脳のメカニズムのすごさがとても分かりやすく、おもしろく言語化されていて、万能に捉えがちなAIよりも、人ってよくできているんだな、とうなずくことばかり。

      特におもしろかったのは、暗記メモリーと体験メモリーの話。海馬は入力された情報を常に取捨選択し、必要な記憶残すためにフル稼働している。

      記憶は感情とのつながりも密で、体験記憶は人のスキル、才能に何乗にも作用するようにできているそう。天才棋士の藤井聡太さんの知能も体験メモリーに関係しているのかも?なんて想像を広げながら、楽しく読めた。

      脳科学者とクリエイターという異ジャンルの二人が交互に交わす言葉で互いを刺激しあい、関連性をつなげていく対談そのものが、ミクロな神経細胞の働きにも思える一冊だった。



      >> 続きを読む

      2019/03/10 by

      海馬」のレビュー

    • 評価: 4.0

      優しい言い方をする池谷先生と、ちょっときつめの言い方をする糸井先生の掛け合いが面白かったです。もちろん、内容も素晴らしかったです。脳は疲れない、脳は都合よく記憶を改竄するというのが心に残っています。私はこの本の影響で脳科学に興味を持ちました。学者にはなれませんが、この分野は生涯追っていきたいと思います。

      2014/11/04 by

      海馬」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    カイバ ノウワツカレナイ
    かいば のうわつかれない

    海馬 - 脳は疲れない | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本