こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

知ろうとすること。 (新潮文庫)

4.0 4.0 (レビュー2件)
著者: 早野 龍五糸井 重里
定価: 464 円
いいね!

    「知ろうとすること。 (新潮文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      対話形式で読みやすい。
      東日本大震災で起きた福島での原発事故による放射能漏れ事故をあらためて話す。

      科学的思考が一般社会の人の思考とが乖離しているという目線を共通理解として話が進む。
      放射能汚染がじゃあ一体どのくらいの程度なのか。健康への影響はどうなのか。
      まずそれは科学的な数値として示されなければならない。
      しかし、このぐらいの数値だったら大丈夫ですよ、というだけでは一般人は不安や疑問が払拭されるわけではない。それをどうすり合わせていくかというのが、本書のキモだと思う。
      語られる内容は終始楽観的な雰囲気を誘うもので、それは糸井さんが狙ったものでもあろう。
      今でも原発への不信感は全国的にもヒステリックなほどあり、一石を投じる意味合いも本書にはあるのではないか。
      私は見えない不安に怯えるよりは、こうした科学に明るい内容でスッキリ明快に考えたほうが前向きにな行動につながるのではと思う。
      >> 続きを読む

      2016/02/03 by

      知ろうとすること。 (新潮文庫)」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      今だからこそ読むべき本。ただ、対話形式だけで話が進むので手放しで称賛するのはどうかと思うところも…。

      2016/01/15 by

      知ろうとすること。 (新潮文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    知ろうとすること。 (新潮文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本