こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

球形の季節

4.3 4.3 (レビュー2件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 540 円

四つの高校が居並ぶ、東北のある町で奇妙な噂が広がった。「地歴研」のメンバーは、その出所を追跡調査する。やがて噂どおり、一人の女生徒が姿を消した。町なかでは金平糖のおまじないが流行り、生徒たちは新たな噂に身を震わせていた...。何かが起きていた。退屈な日常、管理された学校、眠った町。全てを裁こうとする超越的な力が、いま最後の噂を発信した!新鋭の学園モダンホラー。

いいね!

    「球形の季節」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0


      恩田陸の学園モダンホラーと銘打たれた「球形の季節」がとても面白い。

      この作品は、東北の小都市を舞台に、市内の高校生の間で流行る奇妙な噂を調べていく生徒たちのお話なんですね。

      坂井みのりを始め、市内の数校合同でのサークル地歴研のメンバーは、噂を調査した結果、その出所が谷津地区にあることを突き止めるのだった。

      一方、みのりは噂だけでなく、金平糖を使った呪いが流行っているのにも気づくが、やがて噂通りに女生徒が失踪を遂げてしまうのだった-------。

      説明調に陥る部分もないではないが、少年少女のナイーブな心理を浮き彫りにした、流麗な筆致に好感が持てるんですね。

      このいささか古風な青春小説調の前半もさることながら、超能力少女の苦悩や、美少年の陰謀、そして超自然現象の謎など、オカルト的な趣向を効かせた中盤のサスペンス演出が素晴らしい。

      そして、後半に明かされる衝撃の真相。スティーヴン・キングの「IT」の世界を十分の一に凝縮、変容させた手腕にも脱帽だが、感動的なのは、やはり全篇を包むピュアなムードなんですね。

      >> 続きを読む

      2018/11/05 by

      球形の季節」のレビュー

    • 評価: 4.0

      数々の謎に対してすっきりとした解決を求める人とそうでない人で、評価が大きく分かれそう。
      私は意外と、後者でも大丈夫だったみたい・・・というのは恩田さんの作品を読むようになって気付いたことですが(笑)。

      もちろんそれは、提示される謎とそれを取り巻く雰囲気そのものになにかとても惹かれるものがあるからだと思います。
      そうでない作品に関しては、この終わり方だと「この作者のは二度と読まない!」となってしまうかも・・・。
      だから、恩田さんが読者を選ぶ作家だと言われるのは当たってるんでしょうね。私は好きです。

      地方都市での、閉塞感や、将来への希望と不安、「まだ何者にもなっていない」ことの気楽さと同時にそれゆえの不安定さなどが入りまじった高校生の生活。私はたぶんそういったものへの郷愁がすごく強くて、それを「不思議な出来事」によって掻きたてられる心のざわめきと上手く結びつける恩田さんの作風が好きなのだと思います。
      >> 続きを読む

      2015/03/28 by

      球形の季節」のレビュー

    • >数々の謎に対してすっきりとした解決を求める人とそうでない人で、評価が大きく分かれそう。

      恩田作品読んだことありませんが、私は明らかに前者です。でも実際読むとどうなんでしょうか。代表作から読んでみたいです。
      >> 続きを読む

      2015/03/28 by ただひこ

    • > ただひこさん
      私もどっちかというと自分はそういう性質だと思っていたのですが、恩田さんの作り出す物語の雰囲気が気に入れば、解明よりもそこに至る過程に浸りこめるはず。
      こればっかりは読んでみないと判断できないと思いますねー。
      >> 続きを読む

      2015/03/29 by あいひぇん


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キュウケイノキセツ
    きゅうけいのきせつ

    球形の季節 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本