こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ライオンハート

3.3 3.3 (レビュー3件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 660 円

いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ...。17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って―。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。

いいね!

    「ライオンハート」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      1978年のロンドン。ロンドン大学の名誉教授であるエドワード・ネイサンが失踪してから、既に2週間がたっていた。

      部屋の中に踏み込んだ同僚と警官が見つけたのは、「from E.to E.with love」という飾り縫いがされた白いハンカチと、「LIONHEART」と一言書かれた便箋だった。

      エドワード・ネイサンが、初めてその少女に会ったのは1932年、エドワードは20歳の失意の若者、エリザベスは10歳の少女だった頃のこと。

      それ以来、時空を越えて、巡り逢い続けるエドワードとエリザベス。
      巡り逢った彼らは強く惹かれ合い、すぐに別れが訪れるにも関わらず、その一瞬の喜びのために生きていくのだった-------。

      予備知識が何もなかったので、いきなりカタカナ名が登場したのには戸惑いましたが、しかし、これは物語の上での必然だったのですね。

      物語の中では、時代も場所もかなり飛ぶので、雰囲気を掴むのに少し時間がかかってしまいましたが、一度物語の中に入ってしまうと夢中で一気に読み終えました。

      本当に素敵な物語です。大人のためのファンタジーですね。
      読み終わった途端に、再読したくなってしまいました。

      物語は「エアハート嬢の到着」「春」「イヴァンチッツェの思い出」「天球のハーモニー」「記憶」という5つの独立した物語に分かれ、それぞれの物語の中で、それぞれの時代のエドワードとエリザベスが巡り逢い、そして別れを繰り返します。

      どれも情景が美しく、映像を見ているような気分になります。
      そして、それらの単独の物語が、1つの大きな物語に収束されていきます。
      余韻の残るラストも何とも言えません。

      ライオンハートという題名を見た時に、真っ先に頭に浮かんだのが、ケイト・ブッシュの「ライオンハート」だったのですが、本当にそこから題名がとられていたんですね。

      彼女の特徴のある透明感のある高い声と、個性的な曲想が、この物語によく似合います。
      刹那的で、しかし、非常に純度の高い恋。
      究極のロマンティックですね。

      >> 続きを読む

      2021/11/11 by

      ライオンハート」のレビュー

    • 評価: 2.0

      何が言いたいのかわからない。私に理解できないだけなのか?と思って、他の感想サイトとか巡ってみたけれど、時を超えて巡り合う、まあなんてロマンティック、という事らしい。
      生まれ変わり?時空を超えて、っていうか飛び超え過ぎ。あっちこっち飛び散り過ぎ。始めの章のエリザベスはエドワードが自殺しようとしているのを止めたかったのではなかったの?でも45年後のエリザベスはエドワードを素敵な人とは思っても、恋人の待つカフェにウキウキ向かう、その途中で流れていた音楽がケイト・ブッシュのライオンハート。???
      かと思いきやエリザベス一世の話になったり、それぞれその時々で違う伴侶がいたり・・。エリザベスとエドワードでなければならない必然性もわからないし、どこに軸を持って読めばいいのかわからない。でも、この世界観が好きって人にはたまらないのかも。私には必要の無い本であった、という事が理解できただけである。
      >> 続きを読む

      2017/06/18 by

      ライオンハート」のレビュー

    • 評価: 4.0

      とんでもなくロマンチックな物語だった。
      幾世紀もの時の流れの中で、男と女、2つの魂が何度も巡り合う。
      けっして結ばれることはない、ほんの束の間の邂逅。
      時の流れと、不滅の魂。恩田氏特有の世界の捉え方が好き。

      2014/09/07 by

      ライオンハート」のレビュー

    • >幾世紀もの時の流れの中で、男と女、2つの魂が何度も巡り合う。

      生まれ変わっても…というやつですね。
      そんな風に思える相手がいたら…ロマンチックだなぁ☆
      >> 続きを読む

      2014/09/07 by sunflower

    • う~ん…読んだはずなのに全然内容覚えてない

      2014/09/07 by ybook


    最近この本を本棚に追加した会員

    19人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ライオンハート
    らいおんはーと

    ライオンハート | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本