こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

246 (新潮文庫)

5.0 5.0 (レビュー2件)
著者: 沢木 耕太郎
定価: 1,015 円
いいね!

    「246 (新潮文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      1986年、著者の沢木耕太郎は『深夜特急』の単行本化の作業に
      入っていた。この年の9月10日までの日々を、日記風に綴った
      エッセイが本書だ。

      と書くと「『深夜特急』ができるまで」の裏話っぽいが決して
      そうではない。

      『深夜特急』に言及している部分はもちろんあるが、30代だった
      沢木氏が何を感じ、何を思い、「書く」ことに向き合っていたの
      か、調査をしながらも書くに至らなかったこと、作品の中で
      削られた部分等々、作家の日常が詰まっている。

      特筆すべきは愛娘・リーちゃんに関する記述だ。私は沢木氏に
      対して「私生活の見えない作家」と思っていたのだが、本書で
      はその謎だった私生活の一部が垣間見られる。

      2歳半だったリーちゃんが、本書の中で3歳を迎え、父である
      沢木氏を「おとーしゃん」と呼んでいたのが、いつの間にか
      「おとーさん」になっている。成長と共に語彙の増えて行く
      リーちゃんのことを読んでいると、無意識にニコニコして
      しまうのだ。

      そして、出て来る本田靖春、竹中労、近藤紘一などの名前。
      元々沢木氏のファンでもあるけれど、このお三方の名前が
      登場するする場面では俄然関心が湧き上がる。

      近藤紘一こそこの年の初めに亡くなっているが、本田靖春と
      竹中労についてはまだ存命だったんだなぁと思うと感慨深い。

      このエッセイが書かれた当時、沢木氏は世田谷区弦巻に住み、
      三軒茶屋に仕事場を持っていた。タイトルの『246』は、その
      世田谷区を走る国道246号線のこと。

      筆が進まぬ時、沢木氏は仕事場の窓から外の風景を眺める。
      この風景の描写がとても美しい。

      読み終わるのが惜しいエッセイだったが、思いのほか早く読み
      終えてしまった。そうして気付いた。ニュージャーナリズムの
      旗手ももう70歳なんだね。

      私の中では沢木氏の年齢は40代くらいで止まっているようだ。
      >> 続きを読む

      2018/10/23 by

      246 (新潮文庫)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      のちに、多くの若者たちに読まれ、名作と呼ばれるような作品『深夜特急』の原稿を書きながら
      本を読み、映画を観、ときどき酒を飲み
      そして国道246号線沿いを歩きつつ思考した1986年の日々。
      疲れを癒すのは、「オハナシ」をせがむ幼い娘と過ごす夜

      やはり、この人の書く文章のリズムや文体。
      それ自体が読んでいてとても気持ちが良いです。

      そして、著者と娘さん(当時3歳)とのやり取りが本当に一服の清涼剤のように心が洗われます。

      あとは作中で語られる棋士・米長邦雄氏の言葉も強く印象を残します。
      「彼(真部一男)は反省しすぎるんじゃないのかな。勝負師に反省は不用なんだよね。
      この間も十段戦で中原が三連敗したことがあったでしょ。その時、彼は妙な反省なんかしないでハワイに遊びにいってしまった。これは凄いと思っていたら、やっぱり三連勝した。反省しない人が勝つんです」
      (p.357)

      勝負師の、常人とは異なる思考が垣間見えて
      ドキッとさせられます。
      >> 続きを読む

      2015/01/15 by

      246 (新潮文庫)」のレビュー

    • 本を読んでいて気持ちいい、って私もたまに感じますが、とってもいいですよね♪

      2015/01/15 by coji


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    246 (新潮文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本