こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

屍鬼

3.2 3.2 (レビュー2件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 780 円

人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも...。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。

いいね!

    「屍鬼」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      とある小さな村が舞台となっている、この小説。

      その村では昔からの風習などが未だに色濃く残る場所で、まるで都会から孤立したような村です。

      しかし村人はそれが普通の事だと、毎日平穏に過ごしていたが。
      ある夏、村内で奇妙な事が起こり始めます。

      ・ずっと空き家になっていた、村には似合わない洋館に、深夜遅くに引っ越してきた家族。

      ・村の子供が、車との接触事故を起こし、車を運転していた人物は未だ見つかっていない。

      ・村人が次々と、立て続けに突然死していく。
      (そのうち2人は、身体をバラバラにされていて、野犬の仕業かと疑われている)

      この一風変わった、外の世界と孤立したこの村で、一体何が起こっているのか、とても気になります。
      >> 続きを読む

      2019/09/26 by

      屍鬼」のレビュー

    • 評価: 3.0

      この辺鄙なゾンビ伝説の村に洋館を建てたよそ者が、真夜中ひっそりと引っ越して来ます
      その後次々と人が死に始める…少しづつ…少しづつ増える病死者



      これは全5巻読まないと分からないと思う。

      2012/04/17 by

      屍鬼」のレビュー

    • >ice さん

      淡々と話が進むので最初のうちは我慢して読まなきゃいけない本!!
      後半怒涛の展開になるんだけどそこまで読むのが辛かったなぁ(笑) >> 続きを読む

      2013/02/20 by あんコ

    • >makoto さん

      仲良くはなれないなぁ(笑)
      この本を読んでる時、よく夢の中でゾンビに襲われたよ~(;´д⊂) >> 続きを読む

      2013/02/20 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    15人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    シキ
    しき

    屍鬼 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    黙示録殺人事件 (新潮文庫)

    最近チェックした本