こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

家族脳: 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか (新潮文庫)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 黒川 伊保子
定価: 464 円
いいね!

    「家族脳: 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか (新潮文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      家族脳:親心と子心は、なぜこうも厄介なのか。黒川伊保子先生の著書。脳科学の女性研究者がとてもわかりやすく親心と子心の違いや良好で適切な親子関係を作るための方法を説明してくれている良書です。親であれ教育者であれ、子供との関係に悩んでいる人や子離れができない人にとって得るものがいっぱいな内容です。

      2019/02/10 by

      家族脳: 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか (新潮文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    家族脳: 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか (新潮文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本