こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

一勝九敗

3.5 3.5 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 企業、経営
定価: 460 円

豪胆な父とは対照的に内気な息子・柳井正は、大学卒業後、家業の紳士服店を継いだ。やがて店をカジュアルウエアのトップ企業「ユニクロ」へと急成長させるまでには、数々の失敗の歴史があった。株式上場、急成長、業績低迷の実態に率直に触れつつ、高品質の衣料を低価格で売る秘訣、広告代理店任せにしない宣伝戦略、透明性の高い人事など、独自の経営哲学を惜しみなく公開する。

いいね!

    「一勝九敗」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      すごいな。と思った点は主に3つある。

      まず、ここまで手の内(?)を晒せるものかと思った。経営的な数値や商法、人事、失敗例と対策…等々。

      次に、本書が初出版されたのは2003年ということ。15年以上も経っているというのに古くささは全く感じなかった。

      そして、経営者という人種はやはりバイタリティーが違いすぎるな、ということ。


      正直、経営をしたいという意欲はないし、もちろん知識も持ち合わせていないのでちんぷんかんぷんな事が多かったが、それでも学べることが多く楽しく読めた。

      ちょっと哲学めいたものだったり、ただの精神論だったりする本とは違い、柳井さんが今まで経験してきたことが淡々と書かれているからこそ、現実味があって受け止めやすかった。

      将来経営者になりたい方はもちろんだが、ある程度の管理や役職がある方は読んでおいたほうがよい一冊だと思う。
      新社会人にはちょっと重い内容かも…。
      >> 続きを読む

      2021/01/11 by

      一勝九敗」のレビュー

    • タイトル見て、あれ?自分の学生時代のソフトボール部での先発試合の勝敗数かと思って2度見、3度見してしまいました😂💦 >> 続きを読む

      2021/01/12 by 澄美空

    • 澄美空さん、コメントありがとうございます!
      ビジネスにおいては一勝九敗の気持ちがいいみたいですが、スポーツなら九勝一敗のほうがいいですね(笑) >> 続きを読む

      2021/01/13 by 豚の確認

    関連したレビュー

      新潮社 (2003/11)

      著者: 柳井正

      • 評価: 4.0

        ユニクロ行く度に良くできてるなぁと思う事が多かったが、このユニクロの作り方読んで改めて凄さを感じた。読んでてかなり勉強になった。珍しく頁を戻って読んだりしたし。

        2013/06/15 by

        一勝九敗」のレビュー

      • いくら負けても、それを覆せるほどの勝ちがあるから挑戦できる。
        こういうこと聞かされるとやる気が起きますよね! >> 続きを読む

        2013/07/04 by さかな


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イッショウキュウハイ
    いっしょうきゅうはい

    一勝九敗 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本