こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

満願

4.0 4.0 (レビュー4件)
著者: 米澤 穂信
定価: 724 円
いいね!

    「満願」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      驚異の3冠とあり前から気になっていたので買って読んだら、流石に面白い。短編集ですがどれもこれも内容が深い。もう少し話しを膨らますとそれぞれ一つの物語になると、思います。「夜警」は私のお気に入りで、この「夜警」の意味することが後々新人警官の殉職にともない明らかになっていく所が、面白い。そして「満願」は、弁護士が学生時代に世話になった下宿の話しですが、掛軸がキーポイントになるとは!                            短編なので凄く読みやすい。読む価値ありです。

      2019/03/23 by

      満願」のレビュー

    • 近くの本屋でも、「男性が選ぶナンバーワン小説」とポップがあったので手に取ってみました!一番初めに収録されている「夜警」から読ませてくれましたよね。 >> 続きを読む

      2019/03/24 by あすか

    • あすかさん たまに私もポップを参考にする事があります。

      2019/03/24 by rock-man

    • 評価: 4.0

      全六編が収録された、ミステリー短編集。

      それぞれの作品に個性があり、一頁先を早く繰りたくなる楽しさを感じながら読了しました。
      良い時間を過ごさせてもらった気分です。
      しかし、どこか展開に無理を感じたり、引っかかったりもしました。
      おもしろいけど、なんだかすっきりしないかんじ。
      例えば、あれだけ日本の警察は優秀としていた「万灯」の次の作品、「関守」では警察の無能さを。「柘榴」の官能的で妖しげな雰囲気も、女性目線からすると、ラストに違和感。(ああしないと物語が終わらないか)

      それでも総合的に見れば「夜警」「万灯」「満願」、ドラマ化もされている作品が良かったので、満足感がありました。男くさいというか、そんな心理描写がたまらない。
      >> 続きを読む

      2019/02/28 by

      満願」のレビュー

    • 私も読みましたが、どれも深い作品ですよね。落ちも凄いですよね。

      2019/03/24 by rock-man

    • rock-manさん
      それぞれが個性のある作品で、読んでいて楽しかったです!
      そちらのコメントにも書きましたが、ポップは手に取ってしまいますね~(*^▽^*) >> 続きを読む

      2019/03/24 by あすか

    • 評価: 3.0

      傑作!ミステリ短編集


      当時、直木賞候補だったもの。
      短編にしとくのもったいないくらいの佳作揃い。
      膨らませれば中篇、長篇にもなるアイデアを惜しみなくつぎ込んである感じ。
      まさに完成度が高い感じ!
      楽しめました!

      (amazon解説)
      人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。
      >> 続きを読む

      2018/09/01 by

      満願」のレビュー

    • 評価: 4.0

      6話からなる短編集
      .
      中でも『死人宿』が強烈やったな。
      .
      限らなくイヤミスに近いけど
      イヤミスとは感じない。
      この感じは絶妙だ! >> 続きを読む

      2018/07/18 by

      満願」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    15人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    満願 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本