こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

中原中也詩集

4.5 4.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 詩歌
定価: 546 円

愛する者よ、無垢なる日々よ―。生と死のあわいを漂いながら、失われて二度とかえらぬものへの、あふれる惜別の想いを、ノスタルジックにうたい続けた、夭折の天才詩人、中也。哀切で甘美なことばが、胸をうつ調べとなって響きあい、はかない余韻が心に沁みる2冊の詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』に、詩集として編まれなかった作品も併せた140篇の詩篇を収録。

いいね! Kazama

    「中原中也詩集」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      優しい言葉の数々。

      悲しみを経験した人のやさしさや物事の感じ方を見られた気がする。

      モノによっては全然意味が分からない詩もあったが、私が感じたのは彼の書く憧憬に対する文章がこんなにも美しいのかと感動した。

      あと、人間に対しても結構するどいところをついている。

      彼は毎日を丁寧に生きているのを感じた。
      あわただしい現代では憧憬を心に感じる機会があまりない。

      やはりそういう心は大切にしたいと思った。

      彼の詩、全部が好き!中原中也が好き!とまでは思わないが、この詩集のなかに「これ好き!」と思えるものが一つでも見つかれば、この本を読む価値はあると思う。
      >> 続きを読む

      2016/01/31 by

      中原中也詩集」のレビュー

    • 評価: 5.0


            幼年時
         私の上に降るものは
         あたたかい眼差しでありました

            少年時
         私の上に降るものは
         サッカーボールでありました

           十五から十八
         私の上に降るものは
         振るわない成績でありました

           十八から二十
         私の上に降るものは
         はじまらない恋でありました

           二十三から四十
         私の上に降るものは
         くだらない論文でありました

             四十四
         私の上に降るものは
         起動しないノートパソコンでありました

         私の上に降るものは……

       私は山口県生まれで、中原中也の記念館の近くで育ちました。中学まで山口にいて、高校は岡山、そして大学から関東ですね。家内の実家は鎌倉なので、神奈川にも少しゆかりがある。けどね~、ぜんぜん都道府県制覇できてないんです。学会であちこち行きましたが、それはカウントできない。だから、焦ってます。だってまだ踏みも見ず地がたくさんあるんですもの。いつの日か汽車の旅に出てみたい、中也の詩について語り合いながら……。
      >> 続きを読む

      2015/04/24 by

      中原中也詩集」のレビュー

    • 澄美空さん、コメントありがとうございます。
      ハッハッハー、中也の詩と勘違いされるのは光栄だけど、当の本人は天国でどんな気持なのかしら。偉い人に呼び出されて、1時間くらい説教されている時、この詩を思い出したんですね。今、自分の上には吹雪が降ってるなあ〜と、そしたら、何か出来たんです。怪我の功名ですね。 >> 続きを読む

      2015/04/24 by 素頓狂

    • いえいえ。
      でも、ほんとにそう思いました!
      そうなのかもですね。で、そうなんですね。怪我の功名でこの詩を思い付くって矢張り凄いです!詩心がパーって遠山の金さんが桜散る感じに舞い上がった感じです!
      って、自分何言ってんだろう・・笑
      >> 続きを読む

      2015/04/24 by 澄美空


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ナカハラチュウヤシシュウ
    なかはらちゅうやししゅう

    中原中也詩集 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本