こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

信長燃ゆ

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

「天下布武」―武力を背景に世を変革してゆく信長は、天正九年、安土を中心に磐石の体制を築いていた。だが、巨大になりすぎた信長の力に、好誼を結んできた前関白・近衛前久らの公家も反感を持ち始める。武家と朝廷の対立に巻き込まれながら信長に惹かれる東宮夫人・勧修寺晴子、信長に骨髄の恨みを忍く忍者・風の甚助ら、多彩な人物をまじえ史料に埋もれた陰謀を描く本格歴史小説。

いいね!

    「信長燃ゆ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      「本能寺の変」は、日本史最大のミステリだと思う。
      織田信長は、なぜ明智光秀に討たれたのか?

      明智光秀が謀反を起こした動機には、さまざまな説がありますね。
      信長への「怨恨説」、天下を狙った「野望説」、光秀を傀儡にした「黒幕説」「謀議説」など-------。

      この気鋭の時代小説作家・安部龍太郎の「信長燃ゆ」(上・下巻)は、この謎を公武相剋の視点で斬新に描いた、渾身の力作だと思う。

      物語は、信長の死から始まる。本能寺の変から三十五年後。
      かつて信長に小姓として仕えていた清麿は、本能寺の変を書き残すため、朝廷秘蔵の資料を読み解き、事件の真相を追うのだった。

      「天下布武」を掲げ、天下統一へとひた走る信長の前に立ちはだかったのは、帝と朝廷の尊厳だった。
      外国に対抗できる国造りには、古い因習を打破せねばならない。

      信長は、朝廷も寺社も否定し、膝下に治めようとする。
      前関白・近衛前久は、朝廷擁護のため、全知全能をもって信長に挑むんですね。

      前久の策謀の駒とされた光秀の懊悩、信長と前久の対立を利用すべく立ち回る秀吉。
      それぞれの思惑が渦巻く、まさに権謀術数をめぐらすスリリングな展開となって、物語は進んでいきます。

      この手に汗握る朝廷と信長の駆け引きに、誠仁親王の寵姫・勧修寺晴子との艶っぽい恋や忍者の復讐譚を絡めて、細部にわたり楽しませてくれる。

      信長がなぜ本能寺の変で明智光秀に討たれたのか? という歴史上の謎に対して、私が日頃から推理していた、天皇家の存続を守るために、公家の見えざる力が、光秀を傀儡にして、この変を起こさせたという事に対して、その謎の回答が「黒幕説」「謀議説」という形で提示されていたので、非常に興味をもって最後まで一気に読んでしまいましたね。
      >> 続きを読む

      2018/05/14 by

      信長燃ゆ」のレビュー

    • この本に限らず、 dreamerさんの読書ペースの凄まじい速さと、どういう本かを人に伝える的確さ、論理的な文章、物事を処理するスピードが、何かもう人智を超えているというか、超人類的なアレですかね(自分の語彙の足りなさがお恥ずかしい)。いつもレビューを楽しく読ませていただいていますが、問題は dreamer さんのレビューが完璧で、レビューを読んだだけでものすごく満足。なかなかレビュー本に辿り着けない自分のキャパオーバー。でも、いつかもう少し気力体力が取り戻せたら、必ず読もうとブックマークに保存してあります。 >> 続きを読む

      2018/05/16 by チルカル

    • チルカル 様

      私のレビューに対するチルカルさんの素晴らしいコメント、非常に恐縮しています。
      私の人生において、読書と映画を観る事は、とても大事な生活の一部になっています。
      豊饒な物語世界に身を浸すことで得られる魂の休息とでも言ったらいいのでしょうか。
      例えば、本を読む時は、その描かれた世界の背景にある豊かな人生や人間ドラマ、男女の心理の機微、風景描写などを味わいたいと思い、歴史小説を読む時は、果てしない歴史の森を探索して、勝者の歴史からは埋もれてしまった歴史の真実を読み解きたいとか、そんな気持ちで本と向き合っています。

      そして、様々な本との出会いの中で、私のお気に入りの敬愛する作家の数がどんどん増えていき、また、少しでも私の心にインパクトを与え、心に何かを残してくれた本を再読する事で、初めて読んだ時には見えなかったものを新たに発見する悦びなど、読書の愉しみは尽きる事がありません。

      これからも、そんな読書遍歴の一部ではありますが、レビューしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

      >> 続きを読む

      2018/05/16 by dreamer


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ノブナガモユ
    のぶながもゆ

    信長燃ゆ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本