こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

夏の庭

The friends
4.1 4.1 (レビュー7件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 420 円

Curious about death, three sixth-grade boys decide to spy on an old man waiting for him to die, but they end up becoming his friends.

いいね!

    「夏の庭」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      人の「死」に興味を持った小学6年生の少年3人組は、近所で一人暮らしをしているおじいさんがもうすぐ死にそうだというのを小耳に挟む。おじいさんが死ぬところを発見したいという思いから、彼らはおじいさんのことを監視するようになる。窓ガラス越しに見えるのは、6月だというのにコタツに入りずっとテレビを見ているおじいさんの姿。
      すぐにでも死ぬかと思っていたのに、彼らの監視に気づいたおじいさんは、やがて毎日の生活に変化が現れはじめ、なかなか死にそうにない。それどころか、ふとしたことから、彼らと会話を交わすようになっていく。
      こうして、小学生とおじいさんとの奇妙な交流が始まった・・・

      「死」に興味を持った小学6年生の少年たちが経験する、ひと夏のできごとと言えば、これはもう誰だって「スタンド・バイ・ミー」を思い出すだろう。デブの山下はバーンだし、眼鏡をかけ、父親に複雑な思いを抱いている河辺はテディ、主人公の木山はゴーディとクリスを足して2で割ったような感じ。最後、進路がバラバラになる展開も同じだ。
      「スタンド・バイ・ミー」に比べると、冒険感はあまりない。おじいさんとの交流がメインなので、かなりほのぼのとした内容となっている。児童書だからか、大人が読むと物足りないと感じる。やはり、小学校高学年くらいの子ども向けか。ところどころ、「そんなことアリ?」と気になる点があるのは、子ども向けファンタジーだからだろう(打ち上げ花火のシーンや、親戚でもない子どもが火葬場で骨上げまでしたりなど)。

      ここに登場するおじいさんは、一体何歳だったのだろう? 80歳くらいを想像しながら読んだのだが、小学生の子どもにとっては60代でも十分おじいさんに違いない。
      子供たちがおじいさんに戦争体験があるかと尋ねるシーンで、思わず「いやいや、戦争を体験した世代じゃないだろう」と言いそうになったのだが、なんと、おじいさんは従軍経験があった。よくよく見てみたら、本書が出版されたのは今から25年ほど前のこと。それなら、70代でも戦争体験があるのは当然か。「死」に興味のある小学生に戦争時代の話を持ち出すのは、言葉が悪いが大変便利である。これからの時代、もうこの手法は使えなくなるのだなぁと、へんなところで感慨深くなった。

      幸か不幸か、今の日本では「死」は身近なものではなくなっている。
      事故を目撃でもしないかぎり、死の瞬間を目の当たりにすることはほとんどない。病室で危篤状態の親族を看取ることができた人ってどれくらいいるのだろうか。まして、小学生の子どもなら、「死」から遠ざけられ、看取ることもできないだろう。
      本書の子供たちは、この非日常的な「死」に対して興味を示したが、これは健全なことといえる。しかし、中には生き物の命を奪いたいという衝動に駆られるなど病的に「死」に執着してしまう者もいる。これは、「死」が身近でない平和な世界だからこその歪みではないだろうかと常々思っているところだ。

      わたし自身は、目の前で知らないおじいさんが亡くなった瞬間を目撃した経験がある。それこそ小学生のころだ。風邪を引いたわたしは父親に連れられて開業医に行ったのだが、待合室で対面に座っていたおじいさんが突然ズズっと横に傾いて、隣の人にもたれかかった。それが死の瞬間だった。苦しそうな表情とか、うめくような声とかは全くなく、少なくとも周囲が気づくような死の兆候はなにもなかった。
      医師が一人しかいない小さな医院で、救命処置など対応に追われてしまっていたので、結局その日は受診せずに帰宅した。

      今でもその場面を鮮明に思い出す。あのころからずっと、死ぬならああいう死に方がいいと思っている。もしかしたら普段から発作に苦しんでいたのかもしれないし、あの瞬間も実は苦しかった、痛かったのかもしれないけれど、それでも周囲に気づかれない程度だったのだから。
      布団に入ったまま、苦しみにもがいたあともなく、眠っているような姿で死ぬのも理想的だと思う。
      ただ、それは今の自分だからそう思うだけで、一人暮らしで誰にも気づかれずに布団の中で死んでいくのは、本当は寂しいことなのだろうか。やっぱり、誰かに看取られたいと思うのだろうか。
      わたしの祖母は今年95歳、まだまだ元気だ。でも、親しい人や親戚、自分より若い近所の人がどんどん亡くなっていくのを寂しがり、「次は自分の番かなぁ」と呟くのを見ると、長生きが幸せなことだと単純に考えられなくなる。

      「死」。
      この年になっても答えの出ない、難しい問題である。
      >> 続きを読む

      2018/01/12 by

      夏の庭」のレビュー

    • 評価: 4.0

      描かれているのは、普通の人間の、普通の死。だからこそ、この物語を身近に感じることができる。初めて近しい人が亡くなったときの気持ちが思い出された。

      2017/10/13 by

      夏の庭」のレビュー

    • 評価: 4.0

      人の死を見るために一人暮らしのおじいさんを見張ることにした3人の少年。
      最初は敵対してたおじいさんと3人の少年だが、段々と深い交流に姿を変えていきます。不思議と最初死にそうな雰囲気のおじさんも元気になっていくように感じました。見張りを始めた動機は誉められたものではないですが、3人はおじいさんとの交流でものすごく有意義で大切な時間を過ごすことができたと思います。読んでいて感動しました。

      2016/05/23 by

      夏の庭」のレビュー

    • 評価: 4.0

      児童文学の名作。児童書と侮ってはいけない。大人も感動できるストーリー。

      「ぼく」とデブの山下、メガネの河辺。3人の小学6年生が『死』への恐怖から、『死』そのものに興味を持ち一人暮らしの老人の観察を始めるという物語。

      S・キングの「スタンド・バイ・ミー」のオマージュとも言える導入。

      人と人との繋がり、喪失と少年の成長を描いた清廉な物語。
      たまにはこういう作品を読んで心の洗濯をするのも良いですね。
      >> 続きを読む

      2014/11/03 by

      夏の庭」のレビュー

    • 私もこの作品好きです!
      この作品を読んだ学生のころを思い出します~。

      2014/11/04 by nekkoko

    • >chaoさん

      最近は仕事の忙しさに荒んでばかり^^;
      漂白成分配合の小説を探しております。

      > nekkokoさん

      10代のうちに読んでおくべき本なんでしょうね~。私は大人になってから初めて読んだのですが(というか小学生の時には無かったw)、それでもいい本だなぁと素直に感動出来ました。
      (偉大な先達のスタンドバイミーがなければ☆5です)
      子どもが大きくなって読書感想文の本に悩んでいたらこの作品を推しそうです。
      >> 続きを読む

      2014/11/04 by ybook

    • 評価: 5.0

      小学生くらいのころよく読んでいました。
      毎年夏になるとこの物語を思い出します。
      夏らしいさわやかな感じがします。
      また読み直してみようかな~

      2014/04/15 by

      夏の庭」のレビュー

    • 毎年、夏に思い出すなんてきっと素敵な本なんでしょうね。
      私もこの夏読んでみたいと思います。 >> 続きを読む

      2014/04/28 by mimi

    • 私も小学生の時読んで、感動しました!
      また読みなおしたいなー♪

      2014/08/22 by Sachupan

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    40人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ナツノニワ
    なつのにわ

    夏の庭 - The friends | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    サロメ・ウインダミア卿夫人の扇

    最近チェックした本