こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ポプラの秋

4.2 4.2 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 420 円

夫を失ったばかりで虚ろな母と、もうじき7歳の私。二人は夏の昼下がり、ポプラの木に招き寄せられるように、あるアパートに引っ越した。不気味で近寄り難い大家のおばあさんは、ふと私に奇妙な話を持ちかけた―。18年後の秋、お葬式に向かう私の胸に、約束を守ってくれたおばあさんや隣人たちとの歳月が鮮やかに甦る。世界で高い評価を得た『夏の庭』の著者が贈る文庫書下ろし。

いいね!

    「ポプラの秋」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      友人にすすめられて読んで見ました。
      とても薄い本で読みやすいです。(内容の欄を見るとそうは思えないですが・・・)

      どこか風や陽の自然を感じる場所でゆっくりと大切によみたい本です。

      2015/03/16 by

      ポプラの秋」のレビュー

    • 「夏の庭」の作者の作品なんですね。
      読んでみたいです。

      2015/03/16 by coji

    • 評価: 4.0

      小学生の時に読んだので内容は覚えていませんが、
      いいお話だったという印象です。
      もう一度読んでみようかな~。

      2014/08/25 by

      ポプラの秋」のレビュー

    • 小学生と時の記憶ってなんだかステキですよね。

      でも、思い出はキレイなままの方が良かったっていう結末にならないといいですねー >> 続きを読む

      2014/08/25 by makoto

    • >makotoさん
      やっぱり過去は美化されてしまうものですかねー??><

      2014/08/25 by Sachupan

    • 評価: 5.0

      小学生くらいの頃に読みました。
      夏の庭と同じ作者です。
      話の内容も死と向い合い、考え、成長していくという共通点があります!
      あたたかみのあるとっても優しい話です。
      もう一度読み直してみようと思います。

      2014/04/24 by

      ポプラの秋」のレビュー

    • この著者の方の本は読んだことないです。
      良さそうですね♪

      2014/04/24 by chao

    • 評価: 5.0

      夫を失ったばかりで虚ろな母と、もうじき7歳の私。
      二人は夏の昼下がり、ポプラの木に招き寄せられるように、あるアパートに引っ越した。
      不気味で近寄り難い大家のおばあさんは、ふと私に奇妙な話を持ちかけた―。

      18年後の秋、お葬式に向かう私の胸に、約束を守ってくれたおばあさんや隣人たちとの歳月が鮮やかに甦る。

      世界で高い評価を得た『夏の庭』の著者が贈る文庫書下ろし。 >> 続きを読む

      2013/12/12 by

      ポプラの秋」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    11人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ポプラノアキ
    ぽぷらのあき

    ポプラの秋 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本